タイのニュース

ワイロ受け取り66年禁固刑

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイ観光庁のトップだったチュタマート氏(70歳)に対して、外国人よりワイロ等を受け取ったとして、このたび66年の禁固刑となり(実際には最高刑50年)、同様に娘(43歳)も禁固刑が言い渡され、3月10日に収容された。1人100万バーツで保釈を申請したが、逃亡の恐れがあるとして、却下された。

この件に関しては、毎年行われているバンコクフィルムフェスティバルの2002年~2007年で、チュタマート氏がアメリカ人夫婦にこの催しの権利を与え、その見返りに6272万バーツを受け取ったというもの。

このアメリカ人夫婦はすでにアメリカでこの件に関して裁判にかけられ、それぞれ禁固6ヵ月、罰金825万バーツの判決がおりている。

開催の権利を得た夫婦は4億2900万バーツの収入を得たとしており、見返り料は娘の海外に分散している口座などに振り込まれた。

被告2人は上告し、争うとしている。

2017年4月20日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース


 

->タイのニュースの情報


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.