タイのニュース レンタカー

レンタカー業界は活況?アルメーラを100台購入

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

レンタカー業界は活況?アルメーラを100台購入も!

景気が悪いといわれる中、タイでは「タイ人もタイ国内を旅行しよう!」と、タイ国内でのトラベル及び消費を推進しているが、レンタカー業界もそれに合わせて全体の事業規模が伸びており、特に個人で借りるケースが増えているという。

エアアジアなどの格安航空券が出回り、タイの地方の空港まで行き、そこからレンタルするケースなどが伸びているという。Sixtレンタカーの幹部によると、パタヤ近くのウタパオ空港のオープンにより、レンタルの伸びを期待しており、空港利用は現在、1年で10万人ほどだが、今後は1年で300万人が空港を利用し、レンタカーもそれに合わせ、同空港で急速に伸びるとしている。

一方、「タイレント・ア・カー」は現在、全国に27ヵ所の拠点があるが今回、ニッサンのアルメーラを100台購入し、事業の拡大をはかっている。現在、全体で8000台を所有している。

実際にタイレント・ア・カーのホームページに入り、週末にチェンマイに行き、そこからレンタルする想定で予約してみた。チェンマイエアポートで3月25日午前8時に借りて返却は3月27日の午後12時。そうすると、一番上に出てくるニッサンのアルメーラが何と、998バーツ!

何かの間違いかと思ったが、丸2日ほど借りて998バーツ。VATを合わせても1068バーツで借りられるようだ。これなら気軽に利用したいと思う値段だろう。ちなみに他のレンタカーで調べたところ、一番安かったトヨタ・アルティスで3843バーツだった。

 

2016年3月20日 タイ自由ランド掲載

 

->タイのニュース

->タイレント・ア・カーのホームページ

->レンタカー


 

->タイのニュース,の情報

->レンタカーの情報

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース, レンタカー
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.