レッドライン は来年11月に遅れ

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

レッドライン は来年11月に遅れ

バンスー中央駅からランシットのレッドラインの路線整備については、ほぼ建設は終了しているように見えるが、まだオープンには至らず、運営するタイ鉄道社によると、2021年3月には試運転を行い、正式オープンは2021年11月ごろになるとしている。

バンスー中央駅の追加工事103億バーツなどが遅れの原因で、その費用の借り入れなどの問題がからんでいる。

同社では点検のための求人募集156人などを行っており、オープンに向けて始動している。

レッドラインのこの区間は26.3 km で、高架で10駅を設置。バンスー中央駅ーチャトチャク駅ーワットサミアンナリー駅ーバンケン駅ートゥンソンホン駅ーラクシー駅ーカンケーハ駅ードンムアン駅ーラクホク駅ーランシット駅の10駅。イミグレーションに行くにはラクシー駅。またドンムアン空港へはドンムアン駅となっている。

 

2020年10月5日 タイ自由ランド掲載