ヨシダ不動産のバンコク賃貸オフィスビル探訪録シリーズ37回は「ミッドタウンアソーク」

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ37回は「ミッドタウンアソーク」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、37回目は、アソーク通りに位置する住居棟、オフィスビルとショッピングプラザの複合コンプレックス「ミッドタウンアソーク」を紹介します。

アソーク通り周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、スカイトレインや地下鉄MRT、公共バス、運河ボートなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。BTSアソーク駅(MRTスクムビット駅)からアソーク通りをMRTペチャブリー駅方面に歩いて約12分の左側に2010年竣工の6階建てのオフィスビルとショッピングプラザの複合コンプレックス、ミッドタウンアソークがあります。BTS駅からは歩くとちょっと距離がありますが、バイクタクシーで3~4分ほどで着くのでそれほど遠くは感じません。建物内にはレストランや小売店舗が複数あり、近くには銀行やセブンイレブンやファミリーマートがあり、買い物や食事にはとても便利な立地です。また、この建物と隣接して地上32階建ての2005年竣工のコンドミニアム、グランドパークビュー・アソークが建っているのも特徴です。こちらのエントランスはミッドタウンアソークの裏側にあり、こちらにオフィスと住宅を借りることになれば「職住近接」の環境を得られることになります。

さて、オフィスフロアについてですが、低層階ではショッピングプラザと混在していますので、エントランス部分はセキュリティーガードは24時間常駐していますがセキュリティーカードやエレベーターホールに通過ゲートはないので、セキュリティー面ではやや不安があります。オフィス物件は採光性の悪い物件もあり、各部屋のコンディションに差があるのが特徴です。天井高は2・6m、エレベーターは4台あります。

今回見学したのはこのビルの3階にある20平米の物件。平米単価900バーツなので約18000バーツの賃料となります。窓がビルの内側の吹き抜け側にしかないのでちょっと暗く感じるかもしれませんが、アソークのビジネス街にある物件としては格安のパフォーマンスであると思います。日本からタイへ進出してきたばかりのスモールオフィス物件をお求めの新規企業様にも検討する余地は十分にあるでしょう。期間は1年から契約することができます。アソークのビジネスエリアにオフィスを構えることを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

2016年1月20日 タイ自由ランド掲載

-> ヨシダ不動産のホームページ

->賃貸オフィス仲介

-> タイで不動産仲介のページ

 

ヨシダ不動産の広告