不動産物件、賃貸アパートの仲介 賃貸オフィス、工場レンタル

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ33回は「エムクォーティエ」

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨシダ不動産のバンコクオフィスビル探訪録シリーズ33回は「エム・クォーティエ」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、33回目は、BTSプロンポン駅前に今年完成した、「エム・クォーティエ」を紹介します。

スクムビット通りをアソーク交差点から東に進み、BTSプロンポン駅に着くと、道路の両側にある高層ビルディングの威容が目に入ってきます。これこそバンコクを代表するショッピングコンプレックスのひとつ、タイ小売大手の「ザ・モールグループ」が建設した、エンポリアムとエムクォーティエです。通りをはさんで南側がショッピングセンターとサービスアパートを内包する「エンポリアム」(1998年開業)で、北側がオフィス棟とショッピングモールを内包する「エム・クォーティエ」(2015年開業)です。

ここの最大の特徴は、BTSプロンポン駅を下りると、地上2階にあるスカイウォークと大きな広場で両方の建物がつながっているということです。駅前すぐにあるので遠くからのお客様がBTSスカイトレインで訪れることができるのでとても便利です。エムクォーティエには各種レストランやショッピングのできる小売店舗がたくさん軒を連ねており、時間が経つのも忘れるほどの楽しさです。注目すべきは、紀伊国屋書店があり日本語の書籍を販売していること。チットロムの伊勢丹にも日本語書籍を販売している同書店はありますが、スクムビットエリアにお住まいの日本人の方には待望の開店だったことでしょう。

さて、このエム・クォーティエには高層のオフィス棟があります。ビジターはオフィス棟2階のレセプションで身分証明証と引き換えにエントランスキーカードを受け取り、エレベーターゲートを通過して目的階へエレベーターで上がっていきます。エレベーターホールには行き先階にしか行くことができないので、セキュリティー面では安心です。エレベーターは合計12台ありました。

今回訪れたのはここの地上30階にあるスモールオフィス専門の「Regus(レガス)」という会社。1フロアーになんと116ユニットものオフィススペースをレンタルしています。会議室や給湯スペースなど完備していて、1テーブル(定員1名)からオフィスを借りるがことできます。日本から進出してきたばかりで社員数の少ない企業様には最適の物件だと思います。

2015年11月20日 タイ自由ランド掲載

-> ヨシダ不動産のホームページ

-> タイで不動産仲介のページ

 

ヨシダ不動産の広告

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-不動産物件、賃貸アパートの仲介, 賃貸オフィス、工場レンタル
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.