料理 ニュース メキシコ料理 タイのニュース タイ関連情報

メキシコ料理店Cali-Mexが3年で20店へ

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

メキシコ料理店が3年で20店へ、4千万でセントラルキッチンも完成

タイのバンコクには各国の料理が集結しているが、メキシコ・アメリカン料理のCali-Mexがこの7月18日にスクムビット・ソイ22の角のホリデーインにオープンした。

すでに香港で22店を出して成功しており、その実績を持ってタイに乗り込んできた。

同店によると、タイはインターナショナルフードが急成長しており、1年で10%以上の伸びで、特に外国人旅行者も多く、働いている外国人も多い。そのためメキシカン、アメリカン料理もまだ今後、伸びる余地が多くあるという。

特に健康志向の素材にこだわり、野菜を豊富に使い、1人当たりの単価は350~500バーツで、一品は289バーツからという。

アメリカンクラシックの店内で、カリフォルニアの雰囲気を出し、80席を用意する。

今後はまず、フランチャイズで4店をオープンする見通しで、ソイ22のほか、シーロム、スクムビット・ソイ11、トンローを計画しており、3年で20店、5年で30店を目標にしているという。

すでに、ラムカムヘンにセントラルキッチンを4000万バーツ以上の投資でつくっており、20店舗に提供できる能力があるという。

タイは香港とはそれほど違わないし、メキシコ料理が拡大していく自信がある、としており1店舗当たりの投資は1000万バーツ以上になるとしている。

 

2018年8月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

 


 

>タイのニュースの情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-料理, ニュース, メキシコ料理, タイのニュース, タイ関連情報
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.