ホテルで税金徴収へ


バンコク都では、バンコクで多数の観光客がホテルに宿泊しているにもかかわらず、都としての手数料や

税金を徴収していないことについて、今後、90日以内に徴収する手数料を告示するとしている。

タイのバンコクは世界でも有数の観光地で、タイ人、外国人を問わず、2018年では6400万人が訪れており、ホテルの宿泊では3526万7785人にのぼっている。

しかし、バンコク都は、宿泊料について、手数料や税金を徴収していないため、それを検討することになった。

2019年8月20日 タイ自由ランド掲載

 

 


コメント

  1. 法人税がどうなっているのかよくわからないニュースです。固定資産税の税率がとても低かった気がするのですが、ホテル側がどういった対応をするのか見ものです。最終的に部屋代が高くなる気がします。