ロングステイビザ リタイヤメントビザ 年金ビザ 高齢者ビザ 滞在ビザ 法律 ビジネスサポートタイランド 永住権 ビザ、滞在ビザ

ビジネスサポートタイランドコラムの第40回は「ビザのキャンセルと切り替え」

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスサポートタイランドコラムの第40回のテーマは、「ビザのキャンセルと切り替え」

 

こんにちは。ビジネスサポートタイランド吉田です。
コラム第40回のテーマは、「ビザのキャンセルと切り替え」についてです。

ご家族でタイに住んでいる場合には注意が必要です。ほとんどの方は、旦那様(もしくは奥様)が駐在員でビジネス(B)ビザを取得しており、それに紐づけされた家族(O)ビザで滞在されているかと思います。

「もし、旦那さんが急に帰任になったら」その場合の対処の仕方を記載したいと思います。

1.お子様がいて、学校に通っている場合

この場合には、お子様のビザを学生(ED)ビザに切り替え、それに紐づいた保護者(O)ビザに変更すれば滞在可能です。

ただし、同じカテゴリでのビザの切り替えは基本的には認められないため、タイ国外に出ての取得が基本となります。

2.お子様がいない場合

この場合には、ご自身が語学学校などに通って、学生ビザを取得するか、就職してビジネスビザを取得する必要があります。

もし、旦那様のBビザをキャンセルした場合には、すぐにOビザもキャンセルしなければなりません。

また、仮に労働許可証が先にキャンセルされていた場合、キャンセルした日に遡ってオーバーステイになりますので、ご注意ください。

会計・ビザ・結婚・離婚・トラブルなどお困りのことございましたら何なりとご連絡下さい。ご相談お待ちしております。

 

2017年12月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのバンコクで起業

->ビザ、滞在ビザ

 

ビジネスサポートタイランドの広告

 


 

 

->会社設立の情報

->ビザの情報

->ロングステイビザの情報

->法律相談の情報

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-ロングステイビザ, リタイヤメントビザ, 年金ビザ, 高齢者ビザ, 滞在ビザ, 法律, ビジネスサポートタイランド, 永住権, ビザ、滞在ビザ
-, , ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.