宴会、パーティー向けの最強トップ20選!

タイのバンコクで宴会やパーティーに使える日本料理店や居酒屋、日本人向けのレストラン最強トップ20選を紹介します。個室がある店から貸し切りできる店、カラオケのある店、そのほか、食べ放題、飲み放題の組み合わせなど、予約はお早めに!

詳細はこちら

68才からの起業その48、ビザについての話題(最終回)


68才からの起業その48、ビザについての話題(最終回)

最終回は、ビザについてマクロの立場から書いてみましょう。

普通ビザに対する取り決めは二か国間の取り決めが原則です。

例えば、タイと韓国は90日間のビザなし入国、滞在が締結されています。

このような例により、日本とタイの間でノービザ90日が実現できないものでしょうか。反対者は、タイ人が日本国内での犯罪を増加させると危惧していることです。

もし、この条約締結によりタイ人がビザなしで日本に90日間入国、滞在したところでどのぐらいの実害があるというのでしょうか。

そんなことを言う人に対して、日本がタイの地を利用して莫大な経済的利益を上げていることを、秤にかけて判断してほしいものです。

次に、今後のビザの行方についてです。アセアン経済経済共同体(10カヵ国)により、これらの国の間でビザなし交流が進められてきています。

そこで、この方向に日本も便乗させてもらえないかと考えます。

日本政府は、控えめな態度をとっていますが、遠慮することなくダメ元で提起してみてはいかがでしょうか。

最後に、日本政府に対してビザ手続きの簡素化をお願いしたい。

外国人にとって、時間、労力。費用は大きな負担です。

このことを、何とか改善してほしいものです。

さらにこのことに限らず、政府がリーダーシップを発揮してアセアン10ヵ国に対してビザ手続き簡素化について提案、実行を進めてはいかがでしょうか。法律やビジネスの相談は、下の広告を参照で。

 

2018年6月20日 タイ自由ランド掲載

->タイ法律ビジネス コンサルタントのホームページ

-> 弁護士、裁判、訴訟、法律相談

 

タイ法律ビジネス コンサルタントの広告

 


 

->弁護士の情報

->裁判と訴訟の情報