パタヤで景気回復?コンドミニアムの販売が活発に


バンコクから一番近い避暑地パタヤでの、新規コンドミニアムの売買については、大手開発のサンシリィ社によると、シービューの物件は徐々に売買が活発になってきており、オンアマートでの販売も活発になっているという。

1㎡当たり95000バーツ~120000バーツで、1ベッドルーム、40~55㎡の部屋などが人気。タイ人、外国人を問わず、購入しており、最近は中国人の購入が目立つ。

価格についても、シービューの立地のコンドミニアムについては徐々に上がっている状態といい、供給過剰の状態だった今までからまた活性化されるのか、注目される。

 

2017年5月5日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

->コンドミニアムの掲示板

->新規コンドミニアム販売


 

->新築コンドミニアムの情報

->新規コンドミニアムの情報


コメント

  1. 牽引するのは中国人ですね。
    中国人がバンバン買えば、景気は回復ですね