タイのニュース パタヤの生活情報 日本料理店

パタヤで日本料理店を摘発

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

名称未設定-4

パタヤで、はだかの女性を寝かせて、その上に寿司を置き、食べさせていた店を摘発し、まず30日間の営業停止処分を科した。

フェイスブックではだかの女性の上に置かれた寿司の画像等が出回り、地元紙らが2月6日に報道した。

この店は日本料理店の「東京キッド」といい、一軒家で営業していた店。パブ風の店で、カラオケ室もあり、はだかの女性のサービスは個室で行われていた。1人3000バーツで1時間、6人以上で来ると9000バーツとなる。

同店のマネージャーによると、オーナーはオーストラリア人でジェーソンという、60歳の男性。4年ほど前から営業しており、主に中国人や韓国人のツアー客向け。セットは1人5000バーツする。1日の売り上げは15万~20万バーツにもなったという。

はだかの女性を触りはせず、その上に置かれた寿司をはしで食べるシステムだが、「パタヤのイメージ悪化につながる」「タイ人女性への冒とく」などの声が出て、警察がのりだし、レストラン許可証なし、酒類販売許可証なし、パブ営業許可なしなどでも摘発する見通し。

2015年2月20日 タイ自由ランド掲載

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース, パタヤの生活情報, 日本料理店

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.