賃貸オフィス、工場レンタル

バンナーへ便利な新規の賃貸オフィス

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスビル探訪録:バンナーへ便利な新規の賃貸オフィス

オフィスビル探訪録:バンナーへ便利な新規の賃貸オフィス

 

バンコク都内のスクムビット通りソイ64と66の間に大型のビジネスパーク「スクムビット ビジネス パーク」が建設中との情報を得て、訪問しました。場所はBTSブンナウィティ駅とウドムスック駅のちょうど中間付近で、それぞれの駅から徒歩6分程度の場所に立地します。この界隈はバンコク の東部に位置し、バンナーエリアやスワンナプーム空港へも比較的アクセスの良いエリアにあたります。まだ日本人は多くは住んでいませんが、沿線はアパートレジデンスやコンドミニアムが多く建設されており、将来日本人の居住が期待されています。

ビジネスパークの完成は今年12月の予定で、一部完成している建物から入居が始まっています。ここは以前タラート(市場)だった場所で、約21ライ(33600平米)という広大な面積があります。もとあった市場の区画を利用して150 ~200平米前後の1階建ての建物をレンタルオフィスとして40棟ほど建設しています。すべての建物の天井高さは2・5メートルで、幅5メートル奥行き25 ~30メートルの建物を、25 ~160平米ほどの部屋に分割してオフィスを作っています。その他、6平米前後の倉庫用物件もあります。

さて、完成しているオフィスを見学しました。敷地入り口部分にはセキュリティーガードが24時間常駐しています。エントランスを入り右側すぐの建物が事務所となっています。敷地面積が広く、2015年契約のお客様にはオープニングプロモーションとして駐車場代は無料となっています。2016年から駐車場の料金体系を整備するとのことでした。案内してもらってすぐに気づいたのは、もとの市場で使っていた大きなあずまやの柱と屋根をそのまま利用し、区画と順路に沿って建物を建設しているということ。簡易建築の体裁ですが、大きな屋根や鉄骨の骨組みはしっかりしているので、安定性は抜群と感じました。完成後は壮観な眺めになるだろうと想像しました。

オフィスは事務机などの家具は無く、電気代はユニットあたり6バーツ、水道代はユニットあたり25バーツとなっています。また、エアコンは借主が設置します。ひとつだけ難点があるとすれば、トイレはビジネスパーク内に2箇所しかなく、そこまで歩いて行かなければならないのが不便であることがあげられます。2015年1月現在、このビジネスパークには100平米以下の新築空室物件が多数あります。

日本からタイへ進出してきたばかりのスモールオフィス物件をお求めの新規企業様にも検討する余地は十分にあるでしょう。家賃は1平米あたり380バーツと格安設定になっています。内装は家具とエアコンを自前で負担しなければならないだけでその他は整備されています。賃貸契約は1年間というのが特徴です。

 

2015年1月20日 タイ自由ランド掲載

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-賃貸オフィス、工場レンタル

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.