店舗物件仲介

店舗賃貸物件はプラカノン、オンヌットで機は熟した!?

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

バンコク賃貸情報センターコラム:プラカノン、オンヌットで機は熟した!?

バンコク賃貸情報センターコラム:プラカノン、オンヌットで機は熟した!?

 

円安となっても相変わらず、日本からやって来て店舗、レストラン等を開く人は多い。最近は、タイ人をターゲットにする人も多く、それが100%というのなら、日本人が多く住むスクムビットにこだわらないが、「日本人も50%で」という場合はやはり、スクムビットに出店するケースが多い。

スクムビットといってもソイの1から永遠と続く通りだが、日本人が多く住む場所は限られている。通りの中央に設置されている高架路線BTSの駅でいうと、アソーク駅、プロンポン駅、トンロー駅。この周辺が日本人へのアプローチを考える場所である。

そのように皆が考えるため、レストランはこの周辺に集中し、家賃も右肩上がりで上昇している。家賃が安い掘り出し物を見つけるのは難しい状態だ。

そこで個人で店をオープンしようとする人は、BTSのエカマイ駅、プラカノン駅、オンヌット駅周辺で場所がないかと探すようになる。

確かに今では、単身の日本人駐在員や高齢のロングステイの人などはオンヌット界隈に住む人が増えた。しかし、日本料理店は「8番ラーメン」さえなく、皆、ほかの地区で食べて自宅に戻るというのが普通だろう。

だからチャンスがある!とも言えるが、プラカノン、オンヌットはまだ未開拓の場所だから、オープンしたものの客がさっぱり、という状況も最悪、考えられる。

プラカノン駅周辺はようやく、古い建物が壊され、コンドミニアムなどもできてきて、日本料理店もようやくスタートする、という体制の場所である。一方のオンヌット駅周辺は、コンドミニアムは次々建てられたが現在、まず初めての飲食モールがソイ54にできるのを待つ状態だ。これは遅れていて4月のソンクラーンには間に合うのでは、という感じだ。

こういった飲食モールのオープンをまず見てから判断するのもいいだろう。というものの、プラカノン、オンヌットはそろそろ機が熟したという気はするので、出店を検討してもよいとは思う。

店舗物件のお問い合わせは下記広告内の角田までどうぞ。

2015年1月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> バンコク賃貸情報センターのホームページ

 バンコク賃貸情報センターの広告

バンコク賃貸情報センターの広告

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-店舗物件仲介

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.