賃貸オフィス、工場レンタル

バンコクのオフィス賃貸ビル探訪録シリーズ、11回目は「ウエイブプレイス」

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、11回目は「ウエイブプレイス」

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、11回目は「ウエイブプレイス」

 

バンコクオフィスビル探訪録シリーズ、11回目は、BTSプルンチット駅前にある「ウエイブプレイス」 をご紹介します。

プルンチット駅からチットロム駅にかけての一帯は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、大使館、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、学校などが建ち並び、一帯は巨大な商業文教エリアとなっています。

また、プルンチット駅周辺は、数年前より大規模な再開発プロジェクトが複数進行しています。(1)駅前でホテルオークラを含む複合コンプレックスビル「パークベンチャーズ」(2012年完成)。(2)英国大使館跡地に複合不動産プロジェクト「セントラル・エンバシー」(2014年完成)。(3)駅前に建設中の地上50階建て、45階建て、14階建ての3棟で構成される高層大型コンドミニアムの「ノーブルプルンチット」(2017年完成予定)等々…。そんなプルンチット駅から徒歩1分、ワイヤレス通りに面した側に立地する1996年竣工21階建ての高層オフィスタワーがウェイブ・プレイスです。

ウェイブプレイスの最大の特徴は、BTSプルンチット駅とスカイウォークで直結していて、雨に濡れずに建物の中に入れるということ。これは利便性という点から見て、バンコク都内のオフィス物件の中で有数の便利さを持った物件ということが言えると思います。スカイウォークとの連絡口はビルの2階にあたります。オフィスフロアの入り口は1階ですが、2階からもエレベーターに乗って階上のオフィスフロアに上がることができます。(ビジターを除く)

ビルの低層階は、コーヒーショップやリテールショップ、コンピュータ関連の専門学校等があります。中でも2階から4階にかけて、住宅内装リフォーム商品各種を取り扱う「ホームプロ」がテナントとして大きな売り場面積を占めているのが特徴です。1階のエントランスロビーは少し殺風景な印象もありますが、天井が高く十分な広さを持っています。24時間ガードマンが常駐し、エレベーターホールにつながっています。エレベーターは6台+サービスエレベーターが1台。オフィスは天井の高さが2・65メートル。エアコンはセントラル式で稼働時間は月曜から金曜の午前8時から午後6時までとなっています。2014年12月現在、このオフィスは常に満室の人気物件で、空室を探すのが難しい状況となっています。2015年4月から入居可能な物件が一部屋あるので、興味のある企業関係者様はぜひ早めの内覧とご予約をお願い致します。家賃は1平米当たり800バーツ。駐車場は100平米毎に1台分が無料となっています。

お問い合わせ等は下の広告参照で。

2014年12月20日 タイ自由ランド掲載

-> yoshidaのホームページ

yoshida

yoshida

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-賃貸オフィス、工場レンタル

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.