宴会、パーティーによい店 しゃぶしゃぶ、すき焼き 日本料理店 居酒屋さん

バンコクと東京、そして沖縄 第7回 忘年会

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

バンコクと東京、そして沖縄 第7回 忘年会

このコーナーを読んで下さってる方々は日本人もしくは日本語を理解出来る方ばかりだろうから、もちろん忘年会という物の存在をご存知だろう。私も忘年会には多々参加する。そして日本人は忘年会が大好きだ。欧米人だったらクリスマスパーティが同じポジションになるのだろうが、東アジアでは中国の年会、韓国の送年会と同じく12月に入ったら忘年会の連続だ。「俺は12日連続」とか「私はすでに一週間毎日朝帰り」などという豪傑も周りにいらっしゃる方も多いだろう。なぜだか毎日飲んでもどこかで許されてしまうのが日本人の年末の良いところだ。

そもそもこの忘年会という物、いつから始まったものなのだろうか。年忘れという記述が見つかっている最古のものは室町時代だ。年末に行われていた歌会が大変盛り上がり、「年を忘れのようだ」という記述があり、そこから来ていると言われている。江戸時代では特権階級の人々だけのものだったそうだが、明治以降に会社やグループでの納会が忘年会として多くの人々の間に広がったのだ。

さてここ沖縄食堂「金城」でも毎年多くの方々に忘年会で利用して頂いている。12月以外には飲む理由がなくて出掛けなかった方も飲む理由が見つけやすい12月だ。すると当然財布が少し寒くなる。忘年会の席で財布の中身を気にしながら飲むような事をしていると気持ちが盛り上がらない。そんな方々に!今年の金城では忘年会宴会コースが登場。沖縄そばやゴーヤチャンプルーなどの料理が10品と飲み放題が付いて999Bath(2時間)。これなら気にせず酔っ払える上に、いつもの美味しい沖縄料理が楽しめる。日本料理もタイ料理も中華料理も忘年会で食べてしまって少し気分を変えたい方には沖縄料理はピッタリ。その上そもそも沖縄人が酒飲みなので、料理はお酒に合うしバッチリだ。

タイにいるとソンクラーンが新年にあたるので忘年会のノリが少ないかもしれないが。この一年にあった様々な出来事を飲む時くらいはスッキリ忘れる忘年会をしつつ、来年に希望を込める望年会にするべく沖縄料理とお酒と戯れる時間を楽しんで頂きたい。

 

2015年11月20日 タイ自由ランド掲載

 
   -> 沖縄大衆食堂と民謡居酒屋『金城』のホームページ

-> 沖縄大衆食堂と民謡居酒屋『金城』のページ

-> 縄大衆食堂と民謡居酒屋『金城』のFacebook

 

 沖縄大衆食堂と民謡居酒屋『金城』の広告

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-宴会、パーティーによい店, しゃぶしゃぶ、すき焼き, 日本料理店, 居酒屋さん
-

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.