タイのニュース レンタカー

チャン・インターナショナル・サーキットでスーパーGT第7戦が10月4・5日に開催

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

チャン・インターナショナル・サーキットでスーパーGT第7戦が10月4・5日に開催

チャン・インターナショナル・サーキットでスーパーGT第7戦が10月4・5日に開催

ブリラムに完成したばかりのチャン・インターナショナル・サーキットで、初のビッグレースとなるスーパーGT第7戦が10月4・5日に開催され、タイ・モータースポーツの記念すべきレースを観戦した。

スーパーGTは、市販車モデルを改造したマシンで争うレースで、日本では人気の高いモータースポーツだ。初のタイ開催ということで、どのくらい観客が集まるかと思ったが、決勝日は昼前から大型バスが続々とやってきて、最終的には7万5千人以上というスーパーGT過去最多の観客数で、大盛況に終わった。ちなみにスタンド観戦1日券は500B、2日券750B。

今回はGT300で参戦しているチーム「シンティアム・アップルMP4-12C」(13面に広告掲載)に同行させていただき、レースをいろいろな角度から見る機会を得た。パドックの中では、メカニック達が仕事を黙々とこなしており、張り詰めた緊張感に、こちらの身も引き締まった。

決勝日の午前中はフリー走行が行われ、マシン、タイヤ、コース等の状況を確認。チームのドライバー高橋一穂さんにコースの印象を聞くと「出来たばかりのサーキットなので、まだ車が走っていない路面部分は滑るところがあるけど、面白いコース」とのこと。レースを重ねるにつれ、路面にタイヤのラバーが付着し、またタイヤが細かい砂利を吸収しコースのグリップが良くなるそうだ。決勝レースでも最後の10週は全体的にタイムが上がっていたが、どのチームも、この未知のサーキットで、試行錯誤があったようだ。

フリー走行の後、2階建ての大型観光バスに乗ってサーキットを周回する「サーキットサファリ」が行われた。バスから真横を猛スピードで駆け抜けていくGTカーを見ることが出来る、迫力満点の人気アトラクションだ。

午後3時からは、いよいよ決勝レース。グランドスタンドも最終コーナーのスタンドも満員。GT300にスポット参戦した地元タイの「i MOBILE AAS」はポールポジションを獲得しており、ドライバーもタイ人なので、特に大きな声援を受けていた。

決勝レースはパドックの真上のスタンドから観戦。フラットなのでコース全体が見渡せる。レースでは、まずGTカーの音に圧倒されるが、耳が慣れてくると、各車の音の違いがわかってくる。この音もレースの醍醐味のひとつだ。抜きつ抜かれつの展開に歓声があがっていた。

GT300の結果は「B-MAX NDDP GT-R」が優勝。「シンティアム・アップル・MP4-12C」は15位。タイ人の期待を集めた「i MOBILE AAS」は6位に終わったが、こけら落としのビッグ・レースとしては大成功といえるだろう。

来年以降のスーパーGTやワールドスーパーバイクの開催の話も進んでいるようで、タイ人のサーキット関係スタッフが大きなレースの経験を重ねることで、よりスムーズな運営が期待される。

しかし宿泊施設が足りないという声は多く、近所の一泊400Bのラブホテルに泊まらざる得なかったというレース関係者の話も聞いた。宿泊施設の充実は早急な課題となっている。

レース終了後5時半に出発し夜10時半にオンヌットに到着。途中休憩を入れちょうど5時間の道のりだったが、飛行便など交通のインフラ整備も急務だ。

チャン・インターナショナル・サーキットは先月、国際自動車連盟(FIA)よりグレード1のサーキットライセンスが発給されタイのF1グランプリの開催が現実味を増してきた。 最初は物珍しさでレース観戦するタイ人も多いだろうが、どのような形でモータースポーツ文化が、タイに根付いていくか注目したい。

2014年10月20日 タイ自由ランド掲載

->アップルのホームページ

 

チャン・インターナショナル・サーキットでスーパーGT第7戦が10月4・5日に開催

チャン・インターナショナル・サーキットでスーパーGT第7戦が10月4・5日に開催

写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース, レンタカー

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.