すずき不動産の新規コンドミニアム、今、注目のチャオプラヤー川沿い「チャプター チャルンナコン リバーサイド」


 

 川沿いにそびえるチャプターチャルンナコン

川沿いにそびえるチャプターチャルンナコン

リバービューのプール

リバービューのプール

絶景が望めるラウンジ

絶景が望めるラウンジ

リバーサイドは北側のタクシン橋を渡らない、BTSサパンタクシン駅までが、購入者、賃貸者共に対象にされる方が、多々おられましたが、BTSもバンワーまで伸び、アイコンサイアムや高島屋が、川向こうに出来るに合わせ、新たなリバーサイドコンドが施行されます。5ツ星ホテルも多いこのエリアですが、それに引けを取らないコンセプトで、クオリティーを有しています。

定番化されている川に隣接されたファシリティー棟の上層階にプールとフィットネスが設けられているのですが、最上階といっても6階までで、プールを見下ろすフィットネスが幅広く設けられています。何故、今時なのにもっと高層階に造られないかは、そこに立つと分かるのですが、プールと川が一体になり、奇妙な錯覚に陥入るのです。実際の川は濁っているので、2色のコントラストになってしまいますが幻想的です。このプールフロアはレジデンス2棟と繋がって、向かいやすくなっています。川の先には専用の船着場で、サパンタクシンまで送迎船が出港します。レジデンスのルーフトップには、これまた定番のスカイバーが2棟に設けられます。B棟の2階にアクティブジムとして、特化したスタジオが設けられました。部屋については、スタジオから3ベッドまで有りますが、基本、小さく分けられた、郊外型のスタイルなので、一人で住むことを想定して、購入するのが良いのでしょうか。最低販売価格は330万バーツから、川沿いとしてはお買い得と思われます。コンドーリバーサイド、川沿いリバーサイド、食事もリバーサイド、Ohリバーサイド。

 

2019年8月20日 タイ自由ランド掲載