タイ雑貨、アジアン雑貨

ダイソー売り上げ上位はコスメが独占!

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイソー売り上げ上位はコスメが独占!

クリックすると拡大してご覧いただけます

ダイソータイランドは、2003年にサイアムスクエアに1号店をオープンし、現在はタイ全土に117店舗展開している。日本(約2900店)、韓国(約200店)に次ぐ世界で3番目の店舗数で、タイ進出以来ずっと60バーツ均一だ。

トンローのJアベニュー店、エカマイ・ゲートウェイ店、Kビレッジ店は、日本人によく利用されているが、ダイソー全体でみると、 一番売り上げが多いのは フューチャーパーク・ランシット店、2番目はセントラル・チェンワッタナ店、3番目はセントラル・バンナー店と、バンコク郊外の大型ショッピングモール内の店舗が続く。

在タイの日本人主婦には、メラミンスポンジ、粘着テープクリーナーなど日用消耗品が人気があるというが、ダイソータイランドでの売り上げTOP5商品(2016年5月現在)を聞いてみると① 豆腐 美白スリーピングパック ②スムーススキン除毛パット ③豆腐 美白洗顔フォーム④豆腐 美白ソルトスクラブ ⑤ ペンシルアイブロウ三角芯(ダークブラウン)と、1位から5位までコスメ商品が独占。

コスメは昨年末から急に売り上げが伸びたそうで、昨年よりFDA(アメリカ食品医薬品局)認証を受けた商品が増え、安全なイメージが高まったこと、またダイソーでしか買えないダイソーブランドとしてのOEM製品も増え、商品のバリエーションが豊かになったことが反映したようだ。

こういった情報や評判はタイではSNSを通して素早く広まり、売り上げに直結する。60バーツならタイ人の女学生でも気軽に試してみることができる価格だ。

スクムビット界隈のダイソーを回ってみたが、どの店舗にもコスメコーナーには、商品を選ぶタイ人女性がたくさんいた。

食料品は5年ほど前から販売を始めたそうで、品ぞろえのバリエーションは徐々に増えている。

名称未設定-3

ちなみにダイソータイランドで人気の食品(2016年5月現在)は ①明治果汁グミ ②磯巻きせんべい ③明治ヤンヤンン④コアラのマーチ ⑤トッポ と菓子が上位を占めている。ダイソータイランドは、今後も日本の食品を増やしていきたいという。

東ハトキャラメルコーンの期間限定商品は、タイではダイソーだけで販売しているそうだが、他にもここだけで買えるダイソーブランドの製品は、スリーピングマスク、乾電池、サンリオのキャラクター商品等、合計400アイテム以上もある。

乾電池や鍋、フライパン、キッチン製品は、コストパフォーマンスが高く、購入者からの評判が良いそうで、コスメでは、スネイル・ホワイト・プラス・マスク・パックやスネイル・ホワイトプラスムース・フォームなど流行中のカタツムリ粘液配合の製品が注目されそうだという。

日本旅行に行った際、わざわざダイソーで買い物するタイ人が多いそうだが、タイで60バーツのものが100円で買えるのだから、つい買いすぎてしまうようだ。それだけダイソーの商品は、安くて質が良いというイメージが、タイ人の間で、浸透しているということだ。

2016年5月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> DAISOのホームページ

-> DAISOのFacebook

 

名称未設定-1

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->60バーツショップの情報

->ダイソーの情報

->60バーツ均一の情報

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイ雑貨、アジアン雑貨
-, ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.