タイハーブの製品化をさらに推進

タイハーブに注目!製品化をさらに推進

加工した薬ではなく、自然に育つタイハーブによる製品がタイでは多く出回っているが、病気の治療薬や、美容製品、サプリメントなどとして使われており、その効能などにより、外国でも人気がある。

タイ保健省では、このような自然から取れるタイハーブの製品をさらに発展、進化することを目ざしており、特に12種類のタイハーブでの製品化の発展を進めている。

それは、豊胸で有名なカオクルアกวาวเครือ、精力増進のクラチャイダムกระชายดํา、そのほか、カミンチャンขมิ้นชัน ブアボックบัวบก、マカムポームมะขามป้อม、クラチャイกระชาย、プリックพริก、パインไพล、ファータラーイチョンฟ้าทลายโจร、クラチアップデーンกระเจี๊ยบแดง、ワーンハーンチョラケーว่านหารจระเข้、ヤーワーンหญ้าหวาน。

その中でも、クラチャイダム、カミンチャン、ブアボック、パインの製品の発展に力を入れていくとしている。

 

2018年4月20日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

 


 

->タイのニュースの情報

 

 


コメント

  1. タイハーブを使ったサプリメントは、健康に関心の高い欧米人に人気が高く、100%ナチュラルなものを使っているところが魅力なようです。日本人向けには、サプリより美容製品の方が売りやすいのではないでしょうか。

  2. 粉末や錠剤のもからジュースになっているものまで、たくさんのハーブ食品がありますが、どのハーブが何に効くのか知りたいです。法律で明記してはいけない効能とかもあるんでしょうけど、いろいろな効果が期待できそうです。