シラチャの生活情報 賃貸オフィス、工場レンタル

シラチャで賃貸オフィス不足

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

シラチャで賃貸オフィス不足

シラチャで賃貸オフィス不足

 

日系の工場がチョンブリ、ラヨーン・エリアに続々と進出しており、生活拠点として便利なシラチャに暮らす日本人の数は年々増加しています。

シラチャの発展と共にここにオフィスを構えたいという日系会社が増えていますが、市街地に賃貸オフィスは少なく、オフィスビルではなく、ホテルやコンドミニアムの一部がオフィスとして使われています。

日系企業が安心して入居できるクオリティのオフィス専用物件はなく、店舗物件やタウンハウスをオフィスとして代用するケースも見られます。

人口増加に伴いシラチャでは、コンドミニアムの建設や計画が急ピッチで進んでいますが、オフィス不足はまだ続きそうと話すのは、シラチャを中心にオフィス賃貸事業を営むタイ人のプラムークさん(本紙29面広告参照)。日系企業への賃貸経験が豊富なプラムークさんは、昨年から日本人の問い合わせが増え、オフィスの需要の高まりを感じると話します。

シラチャ市街から少し離れたスクムビット通り沿いにある昨年完成した7階建てのサクセス・ビルと、その少し先にあるナチャヤ・ビルは、プラムークさん自身がオーナーのビルで、日系企業が入居しています。

シラチャでの移動は車のみなので、オフィスが中心部から少しはずれたロケーションでも、渋滞が少ないことや高速道路へのアクセスの方が重視されBTSや地下鉄のあるバンコクと違う視点での物件探しとなります。

サクセス・レムチャバン・サービス・オフィスは、プラムークさんがスタートした新しい賃貸オフィスのプロジェクトです。

シラチャ市街から車で10分位のレムチャバン港に近いレムチャバン・タワーは、25階建てコンドミニアムで、その1階から4階部分は、以前からオフィスとして使われていましたが、築20年を過ぎさすがに古さが目立ってきました。ここを大改装し、新たな賃貸オフィスとしたものが、サクセス・レムチャバン・サービス・オフィスです。

以前あった400㎡超の広いオフィスを分割し、40㎡から70㎡の小さめのオフィスをたくさん作ることで、より手軽に借りられるようにしたとプラムークさんは説明します。

さらに週や月単位での短期賃貸も可能で、チョンブリ、ラヨーン・エリアに工場進出する際に、まずオフィスをという仮事務所的な利用に重宝しそうです。

1階は9室(満室)で、2階に13室、3階に23室(5室貸出し中)、4階に23室(6室貸出し中)あります。

現在、家具付きで1㎡370B/月で、プラムークさんによると、シラチャの賃貸オフィスは、2年前と比べると30%程アップしたそうで、さらなる高騰も予想されます。

日本人の希望賃貸オフィスが、サイズはコンパクト化、期間は短期化していることを感じたことが、このプロジェクトのコンセプトになったそうですが、今後レムチャバン・タワーのさらに上階にサービス・オフィスを拡げていきたいと話します。

シラチャの市街から少し離れますが、タイ最大の物流拠点として発展するレムチャバン港に近いロケーションは、今後価値が高まりそうです。

付近には23階建てのタレートン・タワーという本格的オフィスビルがあり、日系企業も多く入居していますが、個人でインポートなどの小さな会社を立ち上げるには、サクセス・レムチャバン・サービス・オフィスが、手頃で使い勝手が良いでしょう。

シラチャにオフィスを借りる日系企業は、チョンブリやラヨーンに工場があり、その拠点としてシラチャにオフィスを構えるケース、もしくはバンコクに本社があり、その支店としてシラチャにオフィスを構えるケースがありますが、今後シラチャ在住の日本人がさらに増えると、学習塾、法律・ビザ関連など現地の日本人向けサービス会社のオフィス需要も高まり、しばらくオフィス不足が続きそうです。

 

2015年8月5日 タイ自由ランド掲載

-> 株式会社リーフジャパンのホームページ

-> 賃貸オフィス-工場

 

株式会社リーフジャパンのl広告

株式会社リーフジャパンのl広告

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-シラチャの生活情報, 賃貸オフィス、工場レンタル
-, , ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.