未分類

サッカー・ワールドカップ予選の日本代表×タイ代表戦のチケットは8月8日午前10時から販売開始

投稿日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

サッカーのロシアW杯アジア最終予選で、日本代表がアウェイでタイ代表と9月6日に対戦するが、そのチケットが8月8日午前10時より販売開始される。

タイチケットメジャーの各支店で販売され、ネットでも申し込みが可能。日本代表×タイ代表は600、500、400、300、200、100バーツの席。同時に販売されるタイ代表の5試合すべてのパッケージは2500、2000、1500、1250、750、400バーツ。

購入ではIDカードの提示が必要で、1人2枚まで購入可能。ウェブサイトwww.thaiticketmajor.comからも申し込みができるが、タイチケットメジャーの販売場所に直行するのが確実。

アウェイ席は日本人なら購入可能。その場合、パスポートの提示が必要。1人2枚まで。ウェブサイトでは販売しない。14支店でのみ購入可能。座席はW1A-W1E、W2A-W2D、W3A-W3C

9月6日の試合会場はラムカムヘン通りのラチャマンガラースタジアムで、現地時間19時15分の予定。チケットはタイサッカー協会が、今回の最終予選のタイ代表に関するタイでのチケット販売を、フォート・スマート・サービス社に委託して、8月1日より販売開始されたが、ログインができないなどのトラブルが発生し、さらに1万人ほどが予約完了したが、タイ代表戦5試合のパッケージで2,500バーツのものが、転売で19,000バーツで売られるなどしたため、同協会は販売サイトに対して、販売の停止を指示し、契約を解消し、新たにチケットを販売することになった。

2016年8月7日 タイ自由ランド掲載

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-未分類
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.