ゴールドラインの車両が到着

LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

タイに到着した自動運転の車両がゴールドラインで使われる

タイに到着した自動運転の車両がゴールドラインで使われる

自動運転による車両が6月17日、中国からタイに到着し、まず、ゴールド ラインのアイコンサイアム行きの車両として使われる。

合わせて3車両を輸入する予定で、4月の予定が新型コロナの影響で6月に遅れた。

今後、整備されたのち9月に試運転に入り、10月末に正式オープンとなる。

現在ある BTS クルントンブリー駅から、アイコンサイアムに便利なチャルンナコン駅、そしてクロンサーン駅を往復する路線。

今回の車両はボンバルディアのInnoviaAPM300で、時速は最大80 kmで、1車両2両編成となり、乗客は276人が可能。

2020年7月5日 タイ自由ランド掲載