店舗内装、工事、建築

品質のみならず、責任施工の安全・安心は内装の「コーサクセス社」

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

名称未設定-2

皆さんはタイで政府の運営する宝くじを購入されたことはありますでしょうか? そう、屋台でご飯を食べていると自転車で売りに来るやつです。ショッピングセンターの前とか人通りの多いところでは路肩でも販売していますね。

だいたいタイの人達は、好きな下二ケタや三ケタの番号を探しながら購入しているようです。確か下二けた当って1枚(上下あるので実質は2枚)当たり2000バーツ程もらえるのでしょうか。

さて、もし宝くじが当選した場合、一体どこで換金して貰えるのでしょう??? 答えは、ノンタブリ県にあるThe Government Lottery Officeです。政府の運営する宝くじの本部です。ん? バンコク都内にはないのか? ありません。チェンマイには? ありません。ハジャイには? ありません。タイ国内で唯一、このノンタブリ県にある宝くじ本部でしか当選宝くじは換金出来ないのです。うぇ~、そんなん有りですかぁ? ではチェンマイの当選者もハジャイの当選者もバスや電車や飛行機に乗って換金しに来るのですかぁ? そうなんです。時間とお金を掛けて、換金しに来なければならないのです。

宝くじの購入は、チェンマイでも、ハジャイでも、気軽に露店や自転車の売り子から買うことは出来るのに、いざ換金となるとわざわざノンタブリ県の本部にまで来なければなりません。何やらこれって保険会社のセールスと似ているような気が。保険を売るときは至れり尽くせりながら、いざ保険金の支払いは渋る、という問題が日本でも数年前に起きてテレビや新聞を賑わせておりましたが。何せタイの場合は、それを政府が堂々とする、というところに驚きます。

実は方法が無いことも無いのです。宝くじを購入したところ(売り子)で、手数料を払って換金して貰うという方法です。ただ、数千バーツの当選金ならば、その場で手数料を引いた額でも払って貰えるでしょうが、売り子も数万バーツとなると手持ちがありませんので、当選くじを一旦預けて、翌日あるいは翌々日にお金を貰う、ということになります。

ん?? 大丈夫なの? 宝くじの売り子をしている、ということは、恐らくそんなに恵まれた環境の人達ではないのでは? そんな人たちが高額の当選宝くじを預かって本当に戻って来るのでしょうか? 預けたこともありませんので分かりませんが、少々怖いような気がします。

内装工事でも同じです。通常は工事代金の半分を工事が始まる前に着手金として頂きます。これは日系でも、タイローカル系でも同じでしょう。では、100万バーツの工事を依頼するとして、50万バーツの着手金を信用の置けない相手に渡せますか? 着手金を渡してドロン、とならなければ良いですが。例えドロンとならなくても、工事が一向に進まない、ということにならなければ良いですが。品質のみならず、責任施工の安全・安心は是非とも弊社「コーサクセス社」でお買い求め下さい。お問い合わせは左記広告まで。

2015年11月5日 タイ自由ランド掲載

-> 店舗内装のページ

 

名称未設定-1

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-店舗内装、工事、建築
-

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2018 AllRights Reserved.