不動産物件、賃貸アパートの仲介 賃貸オフィス、工場レンタル

賃貸オフィスビル探訪録:カモール・スコソル・ビルディング

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸オフィスビル探訪録:カモール・スコソル・ビルディング

賃貸オフィスビル探訪録:カモール・スコソル・ビルディング

シーロム通りのBTSサラデーン駅周辺はシーロムエリアと呼ばれ、バンコクを代表するビジネスの中心に位置し、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並ぶ巨大な商業エリアとなっています。この界隈は、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきて、平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。日本で言えば、東京の丸の内オフィス街と同じようなイメージでしょうか。丸の内は日本を代表する企業の本社が建ち並び、その一角が有楽町・銀座界隈と繋がっていて繁華街を形成しているところなど、このシーロムエリアと似ている部分もあります。以前タイ人から聞いたのですが、「シーロムとスクムビット、どちらの会社に勤めたいか」とタイ人に訊ねると、「シーロム」と答える人が多数を占めたという話は、シーロムがタイ人にとってステータスを持っているエリアであることの証しである、という話もあながち間違いでないような気もします。

さて、BTSサラデーン駅の改札口を下りてシーロム通りをチョンノンシー方面に3分ほど歩いた左側に建っているのが、1993年竣工の17階建てのオフィスビル、カモール・スコソル・ビルディングです。このビルはユナイテッド・センター・ビルの隣に建っており、まさにシーロムエリアのビジネス街の最も中心に位置しています。通りの対面は総合病院のバンコク・クリスチャン病院です。 このビルの1階は建物の幅いっぱいに大きなガラス窓が張られていて、周辺のビルによくあるような飲食店やリテールショップなどビルの外側から直接アクセスできる路面店舗はいっさいありません。これはかえって清々しいデザインとして、目立っているような印象を受けました。ビルの周辺には大型商業施設のシーロムコンプレックスや先述のユナイテッド・センター、隣接のビル低層階に入っている飲食店などが多数あり、仕事帰りや昼休みの買い物や食事の選択肢に困ることはないようです。 さて、オフィスフロアについてですが、エントランス部分にはセキュリティーガードが24時間常駐していますが、セキュリティーカードやエレベーターホールに通過ゲートはないので、セキュリティー面ではやや不安があります。オフィス物件は採光性の悪い物件もあり、各部屋のコンディションに差があるのが特徴です。天井高は2.5メートル、エレベーターは4台あります。2014年11月現在、このビルには100平米以下の空室物件が何件かあります。日本からタイへ進出してきたばかりのスモールオフィス物件をお求めの新規企業様にも検討する余地は十分にあるでしょう。家賃は1平米あたり550バーツとなっており、賃貸契約は3年間となっています。シーロムエリアにオフィスを構えてみるのも一考の価値はあるかもしれません。 下の広告を参照で。

2014年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

->yoshidaのホームページ

 

賃貸オフィスビル探訪録:カモール・スコソル・ビルディング

賃貸オフィスビル探訪録:カモール・スコソル・ビルディング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-不動産物件、賃貸アパートの仲介, 賃貸オフィス、工場レンタル

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.