起業、会社設立、会計、経理 弁護士、裁判、法律

カメリアン病院が社会保険の指定はずれる

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

タイで労働許可証を持ち、働いている日本人は、役員でない限り、社会保険に入らなくてはなりません。

これに入ると、普段の診療が無料になったりしてメリットがあるのですが、日本人に重宝されているサミティベート病院やバムルンラート病院、バンコク病院、ラマ9病院などは社会保険の指定に入っていないため、選べません。

そこで日本人は、スクムビット界隈の他の病院を選ぶことが多いわけですが、人気があるのがトンローにあるカメリアン病院です。欧米人なども多く利用しているせいか、英語も結構、通じて通いやすいため、ここを指定する日本人が多いです。

しかし2015年、この病院を選択できなくなったため、他の病院に変更しなければなりません。多くの外国人がこの病院指定にしたため、業務が忙しくなったのでしょうか。

この周辺ですと、ペッブリー通りのペチャウェート病院やラマ4世のクルアイナムタイ病院などがその代替になるのでしょうか。

なお、会社登記、毎月の会計、社会保険登録等は下記の広告参照で。

2017年12月1日タイ自由ランド改訂版

→ タイで起業、会社設立

→ 実際の会社登記

→ 実際の税務登記

→ Bビザ、就労ビザ取得

→ 労働許可証取得

→ Bビザ更新、労働許可証更新

→ 会社設立料金一覧

→ 毎月の経理をまかせる

→ 入管、税務署、警察などのトラブル処理

→ 失敗から学ぶ!タイでのケース

→ ロングステイビザの取得

→ 結婚ビザの取得

→ 家族ビザの取得

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-起業、会社設立、会計、経理, 弁護士、裁判、法律
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.