店舗物件仲介 バンコクの開発 日本料理店

オンヌットの賃貸飲食モールはまだ?

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

オンヌットの飲食モールはまだ?

BTSオンヌット駅周辺にはレストラン街などが少なく、駅前のロータスやビッグCに入っているファストフード店などに限られ、そのほか、昨年中ごろまでは駅前のタラート(市場)があったが、それも高層コンドミニアムの建設で取り壊されている。

そんななか、駅からは5分ほど歩くがスクムビット・ソイ54の入り口に完成しているのが「ザ・フィル」The Phyll Sukhumvit 54。コミュニティーモールとして開発され、レストラン等が入居する予定だが外観はほぼ完成しているが、それぞれの店の内装で、まだ取りかかっていないところも多く、全体でオープン!という感じにはなっていない。

すでにオープンしているのはTOM N TOMSカフェで、通りからはこれが一番目立つ好立地に出店している。そのほか、地下1階には博多ラーメンの「威風堂々」がオープンしているが、とんこつラーメン190バーツからで、周辺に住むタイ人にとっては少々高めな値段設定で、ラーメン1杯200バーツほどでタイ人らが来店するかは難しいところ。

同モールのオーナーによると、賃貸は95%埋まっており、そのうち、オープンしているのは60%で、そのほかは内装などを行っている状態。オンヌット周辺にはこのようなコミュニティーモールがないので、今後は来客を期待できるとしており、周辺に住むタイ人や外国人、5万世帯が対象という。

飲食店での1人単価が200~300バーツまでのオンヌット周辺で、値段を抑えて提供できるかどうかがポイントになるだろう。

 

2016年1月20日 タイ自由ランド掲載

 

★★ 関連リンク ★★

-> 「ザ・フィル」The Phyll Sukhumvit 54のホームページ

-> 「ザ・フィル」The Phyll Sukhumvit 54のFacebook

-> オンヌット駅近に店舗モール

-> TOM N TOMSカフェのFacebook

-> 威風堂々のページ

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-店舗物件仲介, バンコクの開発, 日本料理店
-,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.