オイシの売り上げ8.6%増


オイシの売り上げ8.6%増

日本スタイルのお茶ドリンク販売の先駆けである「オイシグループ」によると、2019年の収入は136億バーツで、前年の8.6%増、そのうち、飲料水販売は65億バーツ、食品、レストラン、デリバリー事業は71億バーツだった。

また、利益では全体で12億2900万バーツで21.9%増、飲料水8億バーツ、食品、レストラン事業3億バーツだった。

オイシグループの店舗では、タイ全国にしゃぶし、かかし、オイシビュッフェ、オイシラーメン、NIKUYA、朋友、OYOKIなど合わせて266店が営業している。

今後の事業戦略については、1デジタル化によりデリバリー事業の拡大と若い層への需要に応える 2製造、サービスのクオリティーを上げ、健康志向のトレンドに合わせ、若い人を取り込む 3ブランドを維持し、日本スタイルのレストラン、飲料を牽引し、新しいアイデア等も取り入れていく 4社会の流れに沿った取り組みで、環境に配慮した容器などを使う、などとしている。

2020年1月20日 タイ自由ランド掲載