タイのニュース バンコクの開発 タイ関連情報

BTSプロンポン駅直結のエンポリアム2は3月27日ソフトオープン

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

エンポリアム2は3月27日ソフトオープン

エンポリアム2は3月27日ソフトオープン

 

 

ソフトオープンは3月27日の予定で、4月29日にグランドオープンが予定されており、工事は最後の追い込みといったところです。

ソフトオープンは3月27日の予定で、4月29日にグランドオープンが予定されており、工事は最後の追い込みといったところです。

 

写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。

3月27日のソフトオープン(グランドオープンは4月29日予定)に向け、急ピッチで工事の進むプロンポン駅直結のエンポリアム2(正式名称はEmQuartierエムクアティア)は、丸みを帯びた特徴のある外観もだいぶ完成し、テナントの看板も出始めました。不動産デベロッパーのBhiraj Buri Groupの45階建てのオフィスビルBhiraj Towerが、併設されていて、BF階から2階までの5フロアがエンポリアム2の商業施設になります。

 

BF階はフードホール、GF階はファッションとグルメ、MF階がBTSプロンポン駅と直結のフロアになります。オフィスのロビーもこの階になります。

1階、2階はファッション、日用雑貨など、3階に映画館8館、そして4階は、エンポリアム2の目玉のひとつであるウォーターガーデンで、なんと高さ40mという大きな滝が出来る予定です。

5階から9階は階段状になっていて屋上を利用した緑あふれる公園の様な空間に、レストラン、バー、カフェや50店舗以上の世界各国の料理が集まるフードコートなどがオープンします。この部分はThe Helixという名前で、エンポリアム2のコンセプトであるExtraordinary Lifeを体現した非日常的な凝った作りになっていて、大きな話題を呼ぶでしょう。

エンポリアム2には、シャネルやプラダなどお馴染みの高級ブランドだけでなく、ニューヨークのティファニーやシックなバッグのMCMなどタイ初上陸のブランドが登場予定で、ファッション好きの注目も高まっています。

エンポリアム1に比べユニクロやギャップなど、カジュアル・ファッションの店舗も多く入居予定で、ウォーターガーデンや、フィットネス、子供向けのプレイグランドが上階にあり、そこを訪れる中流層の家族連れがターゲットになっていると思われます。

ソフトオープンは3月27日の予定で、4月29日にグランドオープンが予定されており、工事は最後の追い込みといったところです。

完成後はプロンポン駅はエンポリアム1と2にサンドイッチされる形になりますが、さらに2年後には、ベンジャシリ公園を挟んだ向かい側にエンポリアム3(Emsphere)も予定されており建設するTHE MALL GROUP(ザ・モールグループ)は、この三つのショッピング・モールを合わせて(The District EM(ザ・ディストリクト・エム)と名付けています。

フロア面積はエンポリアム1が約20万㎡、2が約25万㎡、3が約20万㎡で、完成後はタイ最大規模となります。

日本最大のショッピングモールは、埼玉県越谷市のイオンレイクタウンで、フロア面積約39万㎡(店舗面積約25万㎡)なので、ザ・ディストリクト・エムの巨大さがわかります。

ザ・モールグループの威信をかけた巨大プロジェクトである3つのエンポリアム「ザ・ディストリクト・エム」の全てが完成すると、プロンポン界隈の人の流れは大きく変わるでしょう。

2015年2月20日 タイ自由ランド掲載

 

 

 

 


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-タイのニュース, バンコクの開発, タイ関連情報

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.