タイ人OLらで満員!エムクオーティエのフードコート


タイ人OLらで満員!エムクオーティエのフードコート

日本人が多く住むBTSプロンポン駅周辺ですが、同時にこのあたりは日系企業なども増えてきて、昼時にはタイ人のOLやビジネスマンの姿も多数見かけます。それに比べて、昼間にランチできる場所が少ない。アソークのターミナル21にあるフードコートのようなところがあればよいのですが、プロンポン駅周辺でそのような場所というと、EM…エム・クオーティエの地下にあるフードコート。

 

ここは昼間になるとタイ人や外国人が押しかけ、席はほぼ埋まった状態になり、空きを見つけるのが難しい。急いでいない日本人などは昼時ははずした方がよいかも知れません。

このフードコートは、街中のひと皿飯の有名店が出店しているのですが、まん中あたりにあるパッタイ・アリー。ご存じのパッタイ(タイ風焼きそば)のほかホーイトット(かきの玉子焼き)、オースアン(かきの鉄板焼き)などもあり、パッタイの値段は70バーツ(一般)、125バーツ(小えび入り)、180バーツ(大えび入り)となっており、この180バーツをオーダーしました。味はまあ、普通ですね。エビをむいていくと最後は小さい。これで180バーツなら、もう少し奮発して日本料理のランチセットを食べている方がよいかも知れません。やはりこういうところではトッピングなしのシンプルな一番安いメニューをオーダーするのがよいでしょう。(M)

 

2016年4月20日 タイ自由ランド掲載

 

->エム・クオーティエのホームページ


 

->エム・クオーティエの情報

->タイ関連コラムの情報

->フードコートの情報

 

 

 


コメント

  1. 水が確か20バーツぐらいするので、私はコンビニで水や飲み物をかってからときどき食べに行ってます。たくさんの人が食べてるので暑い時期は衛生面でも安心できるのではないでしょうか。水の持ち込みとかはほんとうはNGなのかもしれませんが、注意されたことはありません。予算80~100バーツぐらいでときどき食べてます。