小林ミシュラン 5つ星への道、第134回はアソーク交差点すぐに建つ新築高層コンドミニアム「Ashton Asoke 」


総大理石のプールを完備

総大理石のプールを完備

バンコクで不動産仲介34年の実績を持つ 小林株式会社は、700件にも及ぶ駐在員向けアパート物件をミシュラン方式で格付けする「小林ミシュラン」をホームページにて行なっています。このコンセプトに基づき、お客様にお勧め物件を紹介する「小林ミシュラン 5つ星への道」、第134回は「アシュトン・アソーク」を紹介いたします。

アソーク通りとスクムビット通りが交わるアソーク交差点周辺は、バンコクを代表するビジネスエリアのひとつであり、大型のオフィスタワーをはじめ、ショッピングコンプレックス、ホテル、アパート・レジデンス、飲食店、銀行、総合病院、大学などが建ち並び、一帯は巨大な商業エリアとなっています。このエリアへは、自家用車をはじめ、BTSスカイトレインや地下鉄MRT、公共バスなどさまざまな交通機関を使って、バンコク各地および近県から通勤通学で人が集まってきます。平日朝夕のラッシュアワー時間帯は大渋滞が発生する人口密集地域です。

アシュトンアソークはタイ上場大手ディベロッパーのアナンダ社と三井不動産の共同開発によって2018年に完成した超高層コンドミニアム。いくつものコンドミニアムを手掛けているアナンダ社の中でアシュトンは最高級グレード物件です。スクムビット地区に何棟もプロジェクトを手がけてきましたが2018年、アソーク交差点近くに完成したのが当物件。地上50階、783ユニットを有する高層コンドミニアムです。

MRTスクムビット駅まで20メートル、BTSアソーク駅から230メートルに立地し、アソーク通りに面しています。徒歩3分に大型商業施設のターミナル21があり、多数の日本食含む多数の飲食店とグルメマートが入店しております。また同じく商業施設のロビンソンデパートも徒歩5分圏内にあり、そこにはトップススーパーが入店しています。交通の利便性だけではなく、生活面でも大変便利な場所に位置しております。自動車でのアクセスの場合、渋滞が避けられないエリアですが、プルンチットの高速乗り口方面へのアクセスは良好です。通勤がMRTまたはBTSの電車通勤の方、またアユタヤ方面での自動車勤務の方へ特にお勧めの立地になっています。

お部屋のレイアウト設定はやや小さめ、そして豪華な共益施設

採光の良い明るい部屋

採光の良い明るい部屋

広々としたキッチンスペース

広々としたキッチンスペース

落ち着いた内装のリビング

落ち着いた内装のリビング

30~35平米の1ベッドルーム、46~64・5平米の2ベッドルームと小さめのレイアウト設定です。1ベッドルームはコンパクトながら十分な収納力は十分。34平米のタイプは、リビングと寝室の間が可動式の引き戸で間仕切られており、フルオープンにすれば解放感抜群で各部屋のバルコニーは開口部が広く二重サッシとなっていることから他物件と比較しても遮音性に優れた構造になっています。

次に共益施設ですが、35階にある35メートル長のインフィニティエッジプールは総大理石張り。それを囲む形でやはり総大理石製の大小10個のジャクジーが備わっています。大型の子供用プールも別に完備しています。2フロア分の吹き抜け天井で一面ガラス張りとなっているフィットネスルームからは、アソーク交差点を見下ろす圧巻の眺めが楽しめます。

男性更衣室内にはドライサウナ、女性更衣室内はスティームサウナも完備。男性用のサウナルームからはスクムビットの眺望が楽しめるユニークな設計。

階段を上った35M階にはハイクラスなインテリアで飾られた会議室、ライブラリールームにはフリーWIFIが完備。100メートル超の高さからバンコクの摩天楼を織り成す眺望を見渡しながらメールのチェック、といった使い方が可能です。

47、51階にはルーフトップガーデンがあり、こちらからはトロピカル屋上庭園と150メートルの高さからバンコクを一望できます。

この物件を見学して実感したのは、部屋の広さに拘りがなく、立地を優先されたい方に必見のコンドミニアムだな、ということ。在住の方にはスクムビットソイ19にも抜けることが出来ますので、大きなアドバンテージ間違いないでしょう。BTSとMRT駅が近くに御座いますので、バンコクの各方面へのお出かけにも便利なレジデンスと言うことができると思います。
小林ミシュランでは3つ星をつけています。

2019年9月20日 タイ自由ランド掲載

 

 


コメント

  1. BTSのアソーク駅と地下鉄スクムビット駅の両方が利用できる好立地のコンドミニアムですが、アソーク交差点周辺には、あらゆる店が揃っているのでほとんどの用事が近所で成立するんじゃないでしょうか。