ぶ厚い鉄板で焼く「お好み焼 広島」は家庭の味でリーズナブル

ぶ厚い鉄板で焼く一品!家庭の味でリーズナブル

広島県出身のオーナー開いている家庭的な店「お好み焼 広島」。スクムビットのソイ49の奥の方にあり、1階がテーブル席、カウンター席、2~3階にも席があり、駐在員などは3階でゆっくりビールを飲みながら鉄板焼きを味わえる。

どのメニューもとってもリーズナブルで、広島の家庭で食べられている肩ひじ張らないものばかりだ。

例えば、自家製ポテトサラダ(99バーツ)は「じゃがいもを、店のメインである厚い鉄板で丸ごと焼いたもの」で、じゃがいもの自然な甘みが出ていて、食べると思わず、笑みがこぼれる。

また、この8~9月のプロモーションである納豆焼は通常の179バーツが119バーツで提供。結構なボリュームで、今回、初めて食べたが、納豆がちゃんと包み込まれていて、味も風味もそのまま。なかなか一般家庭では味わえない一品だ。

そしてメインのお好み焼きは、広島では「お好み焼」というが、199バーツから提供しており、トッピングをしていくと、少し値段が上がっていく。

店のメインのぶ厚い鉄板で焼いて出来上がったものを、個別の鉄板にのせてテーブル席に持ってきてくれるので、焼き上げたままのアツアツをいただける。

肉玉そばorうどんが標準で、関西などでいうミックスの状態が基本だから、とっても安い。そして自慢のオタフクソースが定番で、テーブルの上にちゃんと置いてある。

もちろん、お好み焼き以外にも各種の鉄板焼きがあり、広島産カキの鉄板焼き(349バーツ)は広島直送のカキが自慢。

そのほか、ネギ焼、ハンバーグ、豚バラ焼、イカバター焼、鶏の唐揚げなど。ご当地メニューでは「白肉天ぷら」や「がんす」などもあり、広島で食べられており、気取らない家庭の味を安くで提供している。

2~3階があるので、週末は小さい子どもの家庭も歓迎!平日はビジネスマン同士もゆっくりくつろげる。※店の斜め向かいの駐車場がモール建設工事のため、只今、駐車場が店頭に2台となっております。ご了承のほど、よろしくお願い致します。

 


2017年9月5日 タイ自由ランド掲載

-> お好み焼 広島のページ

-> お好み焼 広島のFacebook

-> タイの日本料理店

 

お好み焼 広島の広告

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

>お好み焼きの情報

->お好み焼広島の情報

->鉄板焼きの情報

コメント

  1. 週末は子ども連れの家族も多く訪れる、庶民的な楽しい雰囲気のお好み焼屋さん。2階は座敷席があり、土・日を除いて25~35人で貸切可能。3階には座敷席の個室とテーブル席があり、個室は9名~15人で貸切できます。