すずき不動産の新規のコンドミニアム「アシュトン レジデンス 41」


すずき不動産の新規のコンドミニアム「アシュトン レジデンス 41」

 

アナンダグループは、時々、ペット可で販売される事があるのですが、今回のこちらの物件、待ちに待ったペット可能となっています。当然、ドッグランも設けられ、ワンちゃん達のストレスが掛からない様な配慮もされています。ペットだけでなく、色々感心させられたのですが、通常、1階の部屋は日当たりが悪く、虫などの被害が懸念され、敬遠され気味ですが、2棟の真ん中に全面プールをデザイン的にレイアウトして、1階の方は直接ベランダから、そのままプールに飛び込める様に、考えられています。不利を階層を逆手に取って、逆に1階に住みたくなる様な気持ちにさせられるのです。

タワーBに関してですが、フルオートメーションの地下駐車場となっています。今後のタイの傾向が伺えるシステムですが、狭い所でもぎっちり詰め込めるので、合理的だと思います。

 

すずき不動産の新規のコンドミニアム「アシュトン レジデンス 41」

また、部屋との境にいくつかの、吹き抜けが設けられ、自然光が入りやすく考えられているのです。今回は2〜3ベッドのみしかなく、全体でも79戸しかございません。単純な間仕切りプランでなく、斜めに間仕切りされ、よく考えられたレイアウトになっているのです。今時なのでサイズは一番小さくて69平米となりますが、メゾネットも多く、120平米超えのユニットも多くなっています。ここが建築された場所は、ソイ41でも袋小路の突き当たりに近く、その関係で静かな立地と言えます。しかもプロンポン駅まで、徒歩8分で行け、途中にはスーパーもあって、当然、駅前にはエムクオーティエやエンポリアムもあるので、最高の立地というのはご理解頂ける事でしょう。購入される方は羨ましい限りです。

 

2019年1月20日 タイ自由ランド掲載

 

すずき不動産の広告