ヨシダ不動産のお宅拝見の第135回は、石原様「Esse Asoke」


大きな窓がある明るい部屋に住む石原様

大きな窓がある明るい部屋に住む石原様

スクムビット・ソイ21はアソーク通りと呼ばれ、スクムビット通りとの交差点にはBTSアソーク駅とMRTスクムビット駅があり、この駅を使って乗換えをする社会人や学生の多さで、終日人の流れが絶えません。周辺部にはターミナル21、ロビンソンデパート、エクスチェンジタワー、インターチェンジタワーといった大型オフィスビルやショッピングコンプレックス等があり、非常ににぎやかなエリアとなっています。

周辺一帯はバンコクの交通の中心部であるため、終日慢性的に渋滞しています。特にスクムビット・ソイ21とスクムビット通り、及びペッブリー通りとの交差点付近では常に激しい渋滞が起こっています。エッセアソークはそんなソイ21に立地する高級コンドミニアムで、MRTスクムビット駅とBTSアソーク駅の二つの駅に簡単にアクセスできる大変便利な場所に位置しています。今回はこのコンドミニアムにお住まいの石原様のお宅を拝見しました。

外食にも買い物にも便利な立地条件

以前はBTSエカマイ駅近くのサービスアパートメントに住んでいました。そこには日系スーパーや日本食レストランを含む多くの飲食店がテナントとして入っているゲートウェイがあったので、非常に便利で快適な生活を送ることができました。便利なエカマイ駅前での生活を経験したので、同じように生活環境の整った場所というのが物件探しの条件でした。最終的に決めたこの物件は駅からは多少離れるものの、歩いてすぐのところにコンビニエンスストアもあれば道路を挟んで向かい側にいくつか飲食店もあったので、駅まで行かずとも日々の買い物や食事をすることができると確信しました。また、最寄駅はBTSとMRTの乗り換え地点でもあるため、休日にはバンコクのどこへでも出かけることができるのも魅力の一つだと感じました。

高級感のある内装

入った瞬間に圧倒された広いロビー

入った瞬間に圧倒された広いロビー

いくつかの物件を内見させていただいた中で、最も高級感のある造りをしていたのがこの物件でした。まずロビーに入ってその空間の広さに圧倒されました。地震国の日本では考えられないような大胆な建築設計が魅力的に感じられました。スタッフも一人一人が丁寧で仕事に従事しているところにも良い印象を抱き、内見させていただいた中で総合的に一番良かったと思い決めた次第です。新築ということもあり、部屋の内装も綺麗である上に、担当の松井さんからオーナーの人の好さを聞いたので安心してこの部屋を選ぶことができました。

加えて日本のテレビ番組を24時間見ることができます。これは正直内心驚きつつも嬉しく思いました。タイという外国にいながら、日本の情報がタイムラグなしで簡単に入手できること。やはり見慣れているテレビ番組を引き続き見ることができるのは嬉しいポイントですね。

収納の多さと採光性の高さ

ベッドルームからの眺望

ベッドルームからの眺望

ベッドルームには単身の私にとって十分な大きさを持つ、クローゼットが備えつけられています。意外と場所を取ってしまうゴルフバッグも楽々収納できる点は、非常に嬉しく思います。新築の1ベッドルームだとなかなかこのスペースが取れないなと内見している中で感じましたし、内装もセンスの良い部屋なので、収納スペースを利用して綺麗な状態を保つことができるのはありがたいことだと思います。また、部屋を明るく綺麗に魅せてくれるポイントとして、大きな窓も一つあげられるのではないでしょうか。内見時にこの部屋を見たとき、この大きな窓から入り込む太陽光がまぶしいくらいに感じられました。壁一面が窓という部屋の造りは日本ではなかなか見れないので、驚きつつもタイらしさを感じられて気に入っています。文句なしの部屋に出会えて非常に嬉しく、これからの生活がさらに豊かなものになりそうです。

わたしがご案内しましたセールス 松井公平

石原様はエカマイ駅近くの物件からお引越しされました。このエッセアソークは、豪華な共用施設と内装設備をもったシンハエステートが手掛けた高層コンドミニアムで、その利便性と豪華さが気に入られ、即決に近い形で決められました。日常の生活もご通勤にも不満な点はなく、暮らしやすい部屋と満足されており何よりです。これからもアフターフォローに努め、石原様のバンコク生活をサポートしていく所存です。

―・―・―・

住まいのご相談は「ヨシダ不動産」へお問い合わせ下さい。

 

ヨシダ不動産の広告

2019年9月5日 タイ自由ランド掲載

 


コメント