いすずがカンボジア、ラオスで販売増


いすずがカンボジア、ラオスで販売増

トリペッチいすず・セールの幹部によると、カンボジアとラオスの市場で1年たち、販売の伸びはそれぞれ90%増、45%増にものぼるという。

両国とも経済も伸びており、消費も活発なため、それが車の売れ行きにつながっており、ピックアップのD-MAXやSUVのMU-Xを投入している。

現在、ラオスではビエンチャン、パクセーにショールームがあるが、ルアンプラバンにも造る見通しで、また、カンボジアもプノンペンのみだが、今後は他の地区にも設置する予定。

カンボジアは特にSNSでの販売が見込めるため、フェイスブックのファンページをつくり、反応がよいという。

両国で今後3年で10%、5年で30%のシェアをとりたいとしている。

 

2017年9月20日 タイ自由ランド掲載

->タイのニュース

 


 

->タイのニュースの情報


コメント

  1. いすゞのピックアップはタイでは確固たるブランドを確立していますね。初めてタイに来たときは、いすゞ車の多さにびっくりしました。カンボジアやラオスでも、ピックアップの需要は非常に高いです。