あぱまん情報2019年12月20日掲載


 

あぱまん情報2019年12月20日掲載

1/5「マンション簡易査定」開始

1/5「マンション簡易査定」開始

2019年1/5 バンコク都市開発研究所による「マンション簡易査定」開始(1/5号掲載)
当初無料査定としたこともあり、多くのお客様お客様から査定の依頼があった。独自の「マンション価格査定」システムにより、バンコク内の分譲マンション約300棟について、瞬時に簡易査定できるものとなっている。



1/24 ミャンマー人の割合が最も高い「マハチャイ」を開発調査(2/20号掲載)
マハチャイの地元の大地主からメインストリートの商業・住宅用の大規模区画(20ライ・3.2ha)の市場調査及び事業企画の依頼を受けた。マハチャイといえば、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー氏が2012年24年ぶりにミャンーを離れタイ訪問時に訪れた街で有名だ。


2/5地主への企画型提案事業をスタート

2/5地主への企画型提案事業をスタート

 

2/5 バンコク都市開発研究所設立発表(2/5号掲載)
メンバーには、大手不動産会社の企画部門に所属し財団法人土地総合研究所で土地政策にも従事してきた愛川裕二氏、チュラロンコン大学(土木工学)卒業後東京工業大学大学院に留学し㈱建設技術研究所で建設設計に携わっていたサニー氏、そして、30年間、バンコク、シラチャ、ミャンマー等10ヶ所以上の不動産開発を経験してきたあぱまん情報社長の山口政次氏を中心に行い、毎月2回勉強会を開催する。


 2/8 ウタパオ空港周辺開発調査

2/8 ウタパオ空港周辺開発調査

2/8ウタパオ空港周辺開発の現地調査(3/5号掲載)
ウタパオ空港計画「航空都市」計画によりパタヤ不動産開発が活発となる。ウタパオ国際空港は15年後、スワンナプーム国際空港(4,500万人/年)を超える規模になるのか。2024年には、パタヤからバンコクへの通勤(約1時間)も可能になるかもしれない。


3/11 政府機関アドバイザーと開発事業に関する会議


4/9 上智大学がバンコクに事業会社設立

4/9 上智大学がバンコクに事業会社設立

4/9 上智大学がバンコクに事業会社を設立 (5/20掲載)
当研究所も開所式(5/7)に出席。今後上智大学とも勉強会を行っていく予定だ。


5/9チュラロンコン大学訪問

5/9チュラロンコン大学訪問

5/9 チュラロンコン大学を訪問
バンコク都の都市計画にも参画しているチュラロンコン大学の教授を訪問する。バンコクにおける地区計画、PUD制度、歴史的建造物とTDR等について今後の方向性を伺う。

5/24 Bangkok For All 2580(バンコクユースセンター)参加
5/24 大学不動産連盟会長訪問(日本)
7/8 日本大手企業保有施設の有効利用検討
7/31 日系開発会社役員との各種事業検討


9/7 名城大学理事長ら来訪

9/7 名城大学理事長ら来訪

9/7 名城大学理事長来訪(10/5号掲載)
理事長一行が、タイ名城会会長である山口氏らを訪問する。

10/1 日本大手(商業施設)とテナント誘致協力


10/5 物件紹介シリーズ掲載

10/5 物件紹介シリーズ掲載

10/5 物件紹介シリーズ(第5弾The Esse Singha Complex)
タイ自由ランド7/20~11/20号で7回にわたり優良物件をレポートし紹介する。
10/5号は日本大使館跡地に登場した超豪華コンドを紹介する。


10/10 パタヤリゾート物件売却方策提案
11/28 バンコク借地権物件の事業化検討
11/28 マレーシアの不動産事業展開


->タイ自由ランド過去の紙面ページ

あぱまん情報の広告

2019年12月20日 タイ自由ランド掲載