あなたの歯が変色した原因は?


あなたの歯が変色した原因は?

歯垢の発生や歯の変色の原因を理解することはあなたにとってどのようなホワイトニングを受けるか決めるのに大事なことです。それに将来、歯が自然に変色することも予防できます。

歯の変色の主な原因は歯の外部からで、主に日常生活や食生活が原因となっています。

例えば、コーヒー、お茶、赤ワイン、炭酸飲料などを飲むことです。このような飲み物をよく飲むと、歯垢や歯のバイキンが起こりやすくなります。そして、もう一つの主な原因はタバコを吸うことです。時間が経つにつれて、歯の色が変わってきます。

また、口内の清潔不足や歯垢も原因かもしれません。

そのほか、歯の内部による原因もあります。永久歯の形成期である出生直後から8歳頃までテトラサイクリン系の抗生物質を摂取すると歯の内側にある象牙質の変色がおこります。そして、年とともに象牙質がの色が濃くなり、食事などにより歯の外側のエナメル質が薄くなることで、歯が黄ばんで見えるようになるのです。

当医院ではこのような様々な原因で変色した歯をホワイトニングにより白くする事が可能です。その際、医師が歯や歯茎を診察しホワイトニングが出来る健康な状態かどうかを確認します。

そして、歯の状態、変色の原因は何か、どのホワイトニングがあなたに一番適しているかなど医師が細かくご説明致します。

もし、歯を白く美しくするホワイトニングに興味がある方は、ぜひTopbestbrand.comでホワイトニングクリニックとしてバンコク一番の称号をいただいた「デンタルワイズクリニック」にご相談ください。
お問い合わせ番号099-838-1833または095-838-0243にお電話頂くかまたはEメール
dentalwiseclinic@gmail.comで日本語通訳者がご案内いたします。

 

2018年6月5日 タイ自由ランド掲載

->デンタルワイズクリニックのホームページ

->デンタルワイズクリニック のFacebook

-> 病院-薬

 

デンタルワイズクリニックの広告

 

 


 

->歯医者の情報

->歯科医院の情報

 

 

 


コメント

  1. コーヒーや紅茶をよく飲むので、歯の変色は気になります。歯磨き粉を変えてみても、あまり効果が見られません。やはり、歯科医院でケアしてもらうのが手っ取り早いでしょう。