医療、健康、漢方

「腰痛の駆け込み寺」という患者さんの声がうれしい「あおいニュートンクリニック」

更新日:

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

「腰痛の駆け込み寺」という患者さんの声がうれしい「あおいニュートンクリニック」

「腰痛の駆け込み寺」という患者さんの声がうれしい「あおいニュートンクリニック」

 

スクムビット39のフジスーパー2の向かいにある整体クリニック「あおいニュートンクリニック」の責任者・田邉武範さん(38歳)が、この道に進んだのは、自身が学生時代からひどい腰痛に悩まされた実体験が原点といいます。

学生時代、近所で有名な整骨院や鍼治療で痛みを抑えつつ、大学卒業後は大手スーパーの食品部門で働いていました。しかし、腰痛はさらにひどくなり仕事を続けることが難しく、「自分の体にもいいし、同じ悩みを持っている人の役に立ちたい」という想いから、会社を退職し、専門学校に通いながら大阪の整骨院で師匠につき、7年間技術を学びました。

国家資格を取得後、2007年に独立し大阪府堺市に「あおい整骨院」を開業。整骨院は順調で弟子も一人前になり整骨院を任せられるようになったため、2013年、以前から興味があった、海外へのチャレンジを決意したそうです。

最初に向かったのはマレーシア。比較的外国人が開業しやすいという情報を入手し、しばらく滞在し調査を重ねてみましたが、実際のところ各種ライセンスの取得が外国人には難しく、日本への帰国を検討していたころ、バンコクのクリニックを買い取らないかという話がありました。

それは今、あおいニュートンクリニックが開業している場所にあった整体クリニックのオーナーからのオファーで、彼は腰痛治療器プロテックの開発者でもありました。

腰痛治療器プロテックとは、患者さんの上半身を固定し足をロープに吊るすことで腰を宙ぶらりにして無重力状態にすることが可能な治療器です。

この時、腰部にかかる重力や圧力が取り除かれ筋緊張の緩和や血流が改善され、更にこの重力のかからない状態で運動療法を加えることにより治療効果が高まる腰痛治療の秘密兵器とも言われる治療器です。

田邉さんとプロテックとの出会いは知人から紹介でした。大阪で整骨院の院長をしていた当時も人の腰痛を治療できても自分で自分の腰痛は治せず悩んでいました。そのような時に知人からの勧めもありこの治療器を試してみるとたった一週間であれほど悩まされた腰痛がなくなり、あまりの感動に早速プロテックを買いとったそうです。

クリニック買取のオファーがきた後、田邉さんは考えた末に自分が今まで培ってきた技術とプロテックを組み合わせたクリニックをバンコクで開業することを決めました。

プロテックは現在、アメリカ、ヨーロッパをはじめ世界24カ国の医療機関で使用されており、田邉さんは、タイでもより多くの人に知ってもらいたいと話します。

タイでは日本より手軽にマッサージを受けられますが、マッサージと治療を混同している人も多く、マッサージで余計に悪化させてしまうケースもあるそうです。腰の椎間板の損傷などは、ちょっとした力加減の間違えで大変なことになるため、強い痛みがある時は、まず問診、検査をしっかり行い、専門家の適切なアドバイスと治療が重要と田邉さんは話します。リラクゼーションとしてマッサージを受けることはいいことですが、強い痛みがある時など治療として受ける時は注意が必要とのことです。

また、タイの病院では、ヘルニアなどの症状でも日本に比べ、すぐに手術を勧める傾向があるようです。確かに手術を受けると悩んでいた症状は解消しますが、手術による後遺症で別の箇所が痛みだしたりするケースが多いので、手術は最後の手段とし、腰痛になっても、まず根気よく治療を続けて欲しいと話します。
「治療の効果がでて、患者さんからありがとうと言ってもらえることが、この仕事をしていて感じる最高の喜びです」という田邉さん。

 

腰痛で困ったらあおいニュートンクリニック」「腰痛の駆け込み寺」と患者さんに言ってもらえるのは、大変光栄だそうです。

今は10坪の小さなクリニックですが、患者さんの来院数も増えているそうなので移転も検討されているようです。

治療を担当するタイ人スタッフたちは、共にチュラロンコーン大学の理学療法科を卒業し、国家資格を取得している優秀なスタッフで、「今後もスタッフに自分の技術と経験を伝えていきたい、そして縁あってやって来たタイの地に腰痛治療プロテックを広めたい」と抱負を語りました。

 

2015年9月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> あおいニュートンクリニックのホームページ

-> あおいニュートンクリニックのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

あおいニュートンクリニックの広告

あおいニュートンクリニックの広告

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-医療、健康、漢方
-, ,

Copyright© タイ バンコク タイ自由ランド , 2017 AllRights Reserved.