中国料理店「東来順」の栄養たっぷり酸菜魚


「東来順」の栄養たっぷり酸菜魚

ソイ41タイ自由ランドオフィスの並びの「東来順」。店の隣にあるスクムビットTCMクリニックのエミー先生は、東来順のオーナーの娘で、漢方や鍼灸治療と平行し、治療回復を早め病気の予防になる栄養学的見地から、食事のアドバイスをいたしております。

今回紹介するのは、酸菜魚です。酸菜魚は四川省の名物で、キャベツの漬物の酸味と魚の旨みのバランスの良い料理で、当店では新鮮なスズキを使っています。魚の骨は取り除かれており、唐辛子の辛味がアクセントとなっています。スズキはローカロリーでプロテインやオメガ3、ビタミンB12、B6が豊富です。キャベツの漬物は繊維質が豊富で、唐辛子には抗炎症作用があります。辛さはお好みで調節いたします。

「東来順」は、北京の家庭料理が中心で、麺は手打ち。鉄板焼きなどあり、中国本場の料理が、とにかくリーズナブルです。2、3階は宴会のできる部屋もあり、50名までのパーティーも受付けています。

 

2018年3月20日 タイ自由ランド掲載

-> ソイ41の「東来順」のページ

-> 中国料理店

 

 ソイ41の「東来順」の広告

 


 

 

->中国料理の情報

->中華料理の情報

->東来順の情報