Tag Archives: 高齢化社会

タイのバンコクで、高齢化社会の情報を紹介します。

 バンコク都によると、タイ人の高齢者は年々増加しており、15年先には高齢化社会に突入するとしている。

全国では60歳以上が993万人おり、バンコク都内では973000人にのぼる。医療の発達等により、高齢者が増え、バンコク都内で100歳以上の人口は4352人にのぼる。

地区別では①ドゥシット地区465人②バンコクノーイ地区413人③ワッタナー地区327人④チャトチャク地区317人⑤ラチャテーウィー地区309人などとなっている。

また、タイで初めての高齢者向け病院であるバーンクンティアン高齢者病院については、バンコク都の主導のもと進められているが、予算の都合で中断しており、現在、建設業者探しで、費用は30億バーツかかり、今年中に業者を決め、3年後にはオープンしたいとしている。

 

2015年10月5日 タイ自由ランド掲載

 

10年後には高齢化社会に突入するタイだが、タイ国開発協会などでは、東南アジアでは初めて高齢化を迎える国としている。また、同じく高齢化社会をすでに迎えている日本や韓国の「ルアイ・コーン・ケー、年寄りになる前にお金持ち」ではなく、「ケー・コーン・ルアイ、金持ちになる前に年寄り」となる、東南アジアでは初めての国であるとしており、今後、経済や社会システムの改良が必要だとしている。

2015年7月5日 タイ自由ランド掲載