Tag Archives: Amby

タイのバンコクで、タイ自由ランドがプラカノンの居酒屋「amby」を紹介します。

プラカノンのジャパニーズダイニング&バー「amby(あんばい)」の絶品!日本の洋食

プラカノンのジャパニーズダイニング&バー「amby(あんばい)」には、日本の洋食も色々あります。繊細な味わいは、日本の洋食ならではです。ぜひお試しください。

1階はバー風のカウンター席があり、食事のみの利用もできます。もちろんバーとしてお酒を飲みに来るのもどうぞ。気軽に立ち寄りやすい雰囲気です。

京都の家庭料理「おばんざい」を日替わりで10種類ほどそろえております。

一品料理にご飯セット(100バーツ)をつければ定食セットに。ご飯セットには、ご飯、味噌汁、漬物のほか、おばんざい3種盛りがついてきます。

2016年3月5日 タイ自由ランド掲載

 

->ジャパニーズダイニング&バーamby(あんばい)のページ

->バー、カラオケ、スナック

 

ジャパニーズダイニング&バーamby(あんばい)の広告

 

 


 

->ambyの情報

->あんばいの情報

->プラカノンのバーの情報

 

 

 

名称未設定-13

プラカノン駅徒歩4分の所にあるダイニング&バーamby(あんばい)。

魚の煮付け、肉じゃが、肉豆腐など家庭的な料理を中心に約70品揃えています。気軽にひとりでごはんセット(240B〜)を定食に、またおばんざいを酒のアテに、もしくは一品料理で仲間達と会食など、様々なスタイルで利用できます。

おばんざいは60Bからあり、日替わりで10種類ほどそろえており、家庭的な味付けは、外食が続いていた人にはうれしいです。

おばんざいは、好きなものを単品で注文してもいいですし、また、少しずつ、たくさんの種類を味わいたい人には5種盛り(150バーツ)もあります。一品料理は80Bから。生ビール 90B、その他の酒 100B〜。

1階 カウンター席 11席があり、2階 テーブル席 30席(宴会 最大40名様)がございます。

場所はソイ69から71に抜ける通りの真ん中ら辺。リサイクルショップ「トーキョー・ジョー」の真向かいです。皆様のご来店を心よりお待ちしています。

2016年2月20日 タイ自由ランド掲載

 

->ジャパニーズダイニング&バーamby(あんばい)のページ

->バー、カラオケ、スナック

 

ジャパニーズダイニング&バーamby(あんばい)の広告


 

->ambyの情報

->あんばいの情報

->プラカノンのバーの情報

 

 

 

名称未設定-20

名称未設定-18

昨年末にプラカノンにオープンしたばかりのジャパニーズダイニング&バーamby(あんばい)。

場所はソイ69から71に抜ける通りの真ん中ら辺。リサイクルショップ「トーキョー・ジョー」の真向かいです。

付近に住む単身の駐在員が毎日でも通える、便利でくつろげる場所をとオープンしたお店で、1階はバー風のカウンター席があり、食事のみの利用もOK。もしくは、バーとしてお酒を飲みに来るのもどうぞ、というコンセプトで、女性1人でも立ち寄りやすい小洒落た雰囲気です。

外食が続くビジネスマンにはうれしい、野菜をたっぷり使った、京都の家庭料理「おばんざい」を日替わりで10種類ほどそろえており、だしがふわっと香る京風の味付けは、外食が続いていた人にはうれしい、優しい味付けです。おばんざいはショーケースの中に並んでいますので、好きなものを単品で注文してもいいですし、また、少しずつ、たくさんの種類を味わいたい人には5種盛り(150バーツ)もあります。

そのほか、魚の焼き物や魚煮つけ、豚ロースカツ、チキン南蛮などもあるので、これにご飯セット(100バーツ)をつければ定食セットに。ご飯セットには、ご飯、味噌汁、漬物のほか、おばんざい3種盛りがついてきます。

1階はこじんまりした印象ですが、2階は、かなり広々したつくりで、数人で居酒屋風に利用するのにもちょうどよいです。モダンな雰囲気の室内に、壁のアート作品が光ます。

普段使いのお店とのことで、サービス料はつかず、VATがつくのみ。2階の場合は席料としてお通し代が1人50バーツかかります。

 

->ジャパニーズダイニング&バーamby(あんばい)のページ

->バー、カラオケ、スナック

 

2016年1月20日 タイ自由ランド掲載

名称未設定-17

 

名称未設定-10

日本人が多く住むプラカノンに、またまた新しい日本食店がオープンします。

駅からは徒歩2分ほど、ソイ69と71の間の小路、真ん中ら辺のタウンハウスの並び。こじんまりした店構えにガラス張りのドアが目印の「ダイニング&バー amby(あんばい)」。神戸で飲食店を経営する日本人オーナーが開いたお店です。

1階はカウンター席、2階はテーブル席。お酒は、ワイン、洋酒、タイのフレッシュな果物を使ったデザートカクテルなど多数揃えており、そのほか、ショーケースには素朴なおばんざいが日替わりで約10品ほど並びます。

おばんざいは、ほうれん草のおひたし、里芋煮つけ、なすの煮浸しなどの野菜を使った素朴なものばかりで、外食が続いていたり、また、単身住まいのため、日本の家庭的なご飯が恋しくなったという人にはうれしい品揃えです。

そのほか、通常の定食セットもありますので、夕飯を食べにきても、小鉢とお酒でしみじみ小料理屋風に利用しても、また、2軒目バーとしてお酒を楽しむのもよし。

バーにも居酒屋にもなる、普段使いの便利なお店です。 なお、1階カウンター席には、気さくな日本人オーナーが常駐していますので、メニューにないものでも、「これ食べたい」のリクエストや、世間話をしたりと、気軽に話しかけてみて下さい。

店内の真っ白な壁には、関西で活躍中のハヤシジュンジロウ氏のアート作品も展示している、スタイリッシュな空間です。外からはパイン材のナチュラルなカウンター席が見えます。

2016年1月5日 タイ自由ランド掲載

名称未設定-9