Tag Archives: 60バーツショップ

タイのバンコクで、タイ自由ランドが「60バーツショップ」を紹介します。

「ダイソー」各店でハロウィングッズを豊富に取り揃えて販売

最近は日本でも恒例となっている10月末のハロウィン祭りですが、タイでも特にバンコクでは欧米人が多いせいか、にぎわっています。「ダイソー」各店で、ハロウィングッズを豊富に取り揃えて販売しています。通常のの60バーツの商品以外に100バーツのものや200バーツのものもあるので、店頭で値段を確認して下さい。

子供向けの仮装グッズや衣装、大人サイズのハロウィン衣装などを取り扱っている店舗もあるので、お近くのダイソーをのぞいてみて下さい。

スクムビットの近くだと、BTSアソーク駅直結のターミナル21のLG階、トンロー通りのJアベニューの2階やスクムビット・ソイ26のKビレッジ2階などに店舗があります。シーロムエリアにはBTSサラデーン駅から直結通路で行けるシーロムコンプレックス3階、タニヤビル・BTSウィング2階、地下鉄サムヤーン駅直結のチャムチュリー・スクエア2階でオープンしています。バンコク郊外でもザ・モールグループやセントラルグループの大型ショッピングセンターに出店しています。

店舗情報など詳しくはダイソー・タイランドのウェブサイトでご覧下さい。

2016年10月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> DAISOのホームページ

-> DAISOのFacebook

 

名称未設定-2

クリックすると拡大してご覧いただけます

名称未設定-3

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->60バーツショップの情報

->ダイソーの情報

->60バーツ均一の情報

 

 

ダイソーはスクムビットに4店舗

タイでは60バーツ均一でお馴染みのダイソー。日本人が多く住むスクムビット界隈には、アソークのターミナル21店、トンローのJアベニュー店、ソイ26のKビレッジ店、エカマイ・ゲートウェイ店の4店舗があります。

どの店舗においても陳列商品は基本的に同じですが、客層により、売れ筋商品は違いがあります。

スクムビット界隈の店舗では、メラミンスポンジ、粘着テープクリーナーなどの生活用品とインスタント食品が、日本人主婦に良く売れているそうです。

最近、ダイソーでは車のシャンプーやワックス、ホイールクリーナーなど、車関連の商品の売れ行きが伸びていますが、これらはスクムビットの店舗より、郊外店で圧倒的に売れています。

日本人にもっと知ってもらいたいおススメ商品を聞くと、まず紹介してくれたのが「激しく光る棒」。コンサートなどで使われるペンライトで、パーティやカラオケでみんなに配れば、盛り上がることでしょう。アイデア次第でいろいろ使う機会がありそうです。

その他、座布団ジャンボ(100B)、13種類あるペットフードもおススメとのことです。

スクムビットにある4店舗の特徴を見てみると、日本人率が高いのは、トンローのJアベニュー店2階にある店舗で、隣接するヴィラ・マーケットの買い物客が多く立寄っていきます。子ども連れも多いので、お菓子がよく売れています。タイではダイソーでしか買えないお菓子もあります。

先日、立寄ったときには、レインコートや傘などが店頭に置かれており、雨季ならではの陳列になっていました。

交通の便が抜群に良いのが、地下鉄とBTSが交差するアソークのターミナル21の店舗。食料品売り場のある地下LG階にあります。

サイズはJアベニュー同様の小型店舗ですが、大きなショッピングモールの中にあるので、いつも賑わっています。

客層は、タイ人、バンコク在住の外国人、観光客と幅広く、中東からの観光客などは、日本風の食器など珍しがって買っていました。

同じくBTS直結で行きやすいのが、エカマイ・ゲートウェイ2階の店舗。この店舗は193㎡と、ゆったりとしています。

若いタイ人女性や学生が多く、コスメ関係や文房具がよく売れているようです。

Kビレッジ2階にあるダイソーも広々しています。Kビレッジは、駅から離れていますが、広い駐車場があるので、車で行くには便利です。

Kビレッジは週末は、食事や買い物に訪れるタイ人や外国人家族でにぎわいます。家庭用品、食品、コスメ、まんべんなく売れていて、車で来る人が多いためか、一度に大量に購入していく傾向があるようです。

日本と同じダイソーが近くにあるのは、何かと心強いものです。新商品も頻繁に登場していますので、ぜひお近くのダイソーへ行ってみてください。

2016年8月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> DAISOのホームページ

-> DAISOのFacebook


 

->60バーツショップの情報

->ダイソーの情報

->60バーツ均一の情報

タイ国内なら大きな街には必ず1つはある60バーツ均一ショップ「ダイソー」

タイ国内なら大きな街には必ず1つはある60バーツ均一ショップ「ダイソー」。パタヤにも最大のショッピングモール、セントラルプラザ・パタヤの中の3階にあります(写真)。海が望める立地でゆっくりショッピングが楽しめるのが魅力です。

 

2016年6月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> DAISOのホームページ

-> DAISOのFacebook

 

名称未設定-5

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->60バーツショップの情報

->ダイソーの情報

->60バーツ均一の情報

ダイソー売り上げ上位はコスメが独占!

クリックすると拡大してご覧いただけます

ダイソータイランドは、2003年にサイアムスクエアに1号店をオープンし、現在はタイ全土に117店舗展開している。日本(約2900店)、韓国(約200店)に次ぐ世界で3番目の店舗数で、タイ進出以来ずっと60バーツ均一だ。

トンローのJアベニュー店、エカマイ・ゲートウェイ店、Kビレッジ店は、日本人によく利用されているが、ダイソー全体でみると、 一番売り上げが多いのは フューチャーパーク・ランシット店、2番目はセントラル・チェンワッタナ店、3番目はセントラル・バンナー店と、バンコク郊外の大型ショッピングモール内の店舗が続く。

在タイの日本人主婦には、メラミンスポンジ、粘着テープクリーナーなど日用消耗品が人気があるというが、ダイソータイランドでの売り上げTOP5商品(2016年5月現在)を聞いてみると① 豆腐 美白スリーピングパック ②スムーススキン除毛パット ③豆腐 美白洗顔フォーム④豆腐 美白ソルトスクラブ ⑤ ペンシルアイブロウ三角芯(ダークブラウン)と、1位から5位までコスメ商品が独占。

コスメは昨年末から急に売り上げが伸びたそうで、昨年よりFDA(アメリカ食品医薬品局)認証を受けた商品が増え、安全なイメージが高まったこと、またダイソーでしか買えないダイソーブランドとしてのOEM製品も増え、商品のバリエーションが豊かになったことが反映したようだ。

こういった情報や評判はタイではSNSを通して素早く広まり、売り上げに直結する。60バーツならタイ人の女学生でも気軽に試してみることができる価格だ。

スクムビット界隈のダイソーを回ってみたが、どの店舗にもコスメコーナーには、商品を選ぶタイ人女性がたくさんいた。

食料品は5年ほど前から販売を始めたそうで、品ぞろえのバリエーションは徐々に増えている。

名称未設定-3

ちなみにダイソータイランドで人気の食品(2016年5月現在)は ①明治果汁グミ ②磯巻きせんべい ③明治ヤンヤンン④コアラのマーチ ⑤トッポ と菓子が上位を占めている。ダイソータイランドは、今後も日本の食品を増やしていきたいという。

東ハトキャラメルコーンの期間限定商品は、タイではダイソーだけで販売しているそうだが、他にもここだけで買えるダイソーブランドの製品は、スリーピングマスク、乾電池、サンリオのキャラクター商品等、合計400アイテム以上もある。

乾電池や鍋、フライパン、キッチン製品は、コストパフォーマンスが高く、購入者からの評判が良いそうで、コスメでは、スネイル・ホワイト・プラス・マスク・パックやスネイル・ホワイトプラスムース・フォームなど流行中のカタツムリ粘液配合の製品が注目されそうだという。

日本旅行に行った際、わざわざダイソーで買い物するタイ人が多いそうだが、タイで60バーツのものが100円で買えるのだから、つい買いすぎてしまうようだ。それだけダイソーの商品は、安くて質が良いというイメージが、タイ人の間で、浸透しているということだ。

2016年5月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> DAISOのホームページ

-> DAISOのFacebook

 

名称未設定-1

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->60バーツショップの情報

->ダイソーの情報

->60バーツ均一の情報

60バーツ均一ショップのダイソーは暑い時期に便利な商品をたくさん扱っております

60バーツ均一ショップのダイソーは、60バーツからスタートの各種商品も取り扱っております。麻風サンバイザーは100バーツ、折りたたみのポリタンクは200バーツ。暑い時期に便利な商品をたくさん扱っております。

そのほかドーム型のペットハウスは300バーツ。

また、今月の一押し商品は、市販のヨーグルトを入れて、冷蔵庫に一晩置いておくだけで、水を切って濃厚なヨーグルトを作れるグッズ「ヨードリップ」。また、ヨーグルトから出てくる水は栄養満点ですので、こちらもドリンクや料理に活用するのがおすすめ。こちらの商品は60バーツで販売しております。


水を切って濃厚なヨーグルトを作れるグッズ「ヨードリップ」
ダイソーは、トンロー通りのJアベニューやエカマイゲートウェイ、ソイ26のKビレッジ店、シーロムコンプレックス店、タニヤウィングス店などがあります。

 

2016年4月5日 タイ自由ランド掲載

-> DAISOのホームページ

-> DAISOのFacebook

 

60バーツ均一ショップのダイソーの広告

 

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->60バーツショップの情報

->ダイソーの情報

->60バーツ均一の情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名称未設定-8

お気に入りのネイルが固まってしまい、「うすめ液」をあちこちの店で探しまわりましたが、意外に見つかりません。

こんなときは、最寄りのダイソーへ。タイでは、60バーツ均一の店としてオープンしているダイソーは、美容系の便利グッズも充実しています。

スクムビットエリアなら、トンローのJアベニュー、エカマイゲートウェイ、ソイ26のKビレッジ店。

シーロムなら、BTSから直結でいけるシーロムコンプレックスやタニヤウィングス店内などがあります。

タニヤウィングスにあるカレー屋「青りんご」すぐ隣のダイソーを訪れてみましたが、早速発見しました!「うすめ液」は充実のネイルグッズコーナーに並んでいました。

また、ヘアブラシをきれいにできる「ブラシケアネット」もあわせて買いました。

そのほか、メイク用チップやブラシも種類豊富で、タイではなかなかみつからない便利グッズがほしくなったら、やっぱりダイソーですね。
編集部S)

2015年12月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> DAISOのホームページ

-> DAISOのFacebook

 

名称未設定-7

クリックすると拡大してご覧いただけます