Tag Archives: 路線網整備

外国人旅行者も楽しめる路線!

バンコク都内の路線網整備の中で現在、計画されているタオプーンからラッブラナに至る23・6kmについては、今年末に内閣にはかり、来年着工という段取りとなっており、建設費用は1311億バーツというばく大なものだ。

この路線は郊外に延びるというより、環状にまわるという感じで、今年8月に正式オープンのバンヤイ‐バンスー路線とタオプーン駅で連絡する。チャオプラヤー川を平行に走り、バックパッカーで有名なカオサン通りの近くも通る。現在、建設中のタープラ路線と連絡し、チャイナタウンを横断し、チャオプラヤー川を渡り、ウォンウィアンヤイでBTSと連絡する。ソムデットプラチャオ・タクシン通りを通り、ダオカノンに至り、ここから高架になる。それまでは地下路線。プラプラデーンなども通り、チャオプラヤー川周辺を通るため、外国人の旅行者でもそれぞれの駅を降りて楽しめる路線となっている。

そのため、各所での工事には時間がかかることが予想され、特にタオプーンからサムレーまでは地下鉄での計画のため、果たして実現するのかも未知数だ。

2016年3月5日 タイ自由ランド掲載

 

->タイのニュース

->タイ国内交通網整備

->バンコクの開発

 

★★ 関連リンク ★★

->バンコクの路線網整備 次々に工事入札、着工へ

->MRTバンスー駅~タープラ駅を見て来ました


 

->路線網整備の情報