Tag Archives: 美容整形

目元たるみに悩む男性にも「A‐RISA(エー・リサ)」クリニック

タイではお馴染みのレーザー治療や整形。いくら費用が安いといってもやっぱり不安。そんな方におすすめしたいのが「A‐RISA(エー・リサ)」クリニック。 タイ人のご夫婦が経営されているこのクリニックはもちろん日本語可能で、相談料は無料。日本の大学で医学を学んで、一般診療も可能な先生方だから、さらに安心。

「二重まぶた手術」(2万5000~2万8000バーツ)や「まぶた修正手術」(3万5000バーツ)といった目もとの治療は、日本人にニーズの多い「あくまで自然」な目もとに仕上げることも可能です。実際に、他のクリニックで手術を受け、大きすぎる目になってしまい、修正手術に駆け込む方もいるそう。

また「切らない目元のたるみとり」(2万8000バーツ)は、整形手術に比べて時間がかからないメリットもあります。たるみに悩んでいる男性にも人気です。

エー・リサクリニックは、プロンポン駅4番出口から歩いて約5分程。院内にはベビーシッターもいて、お子様のいる方でも安心。

2016年8月20日 タイ自由ランド掲載

-> 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックの広告


 

->美容の情報

->美容クリニックの情報

->美容整形の情報

ソイ26の「A‐RISA(エー・リサ)クリニック」でホクロ・イボ・あざの除去 名称未設定-8

皮膚科医のウサニヤー先生と、整形外科医のジュンポット先生の常駐するソイ26の「A‐RISA(エー・リサ)クリニック」。

2人はタイ人のご夫婦で、過去に近畿大学で医学を学んだため、日本語が話せます。また、日本人のためのクリニックですので、説明も丁寧で、日本人の求めるニーズにあった治療、カウンセリングを行っています。

女性だけでなく、男性も気軽に通えるクリニックです。

多くの人には必ずほくろがあります。たくさんある人も珍しくありません。

ほくろは、多くの人では小児期から思春期にかけて増えてきますが、中には一生増え続ける人もいます。女性の場合、 ホルモン量の変化に対応して変化します。妊娠中はほくろができる、大きくなる、色が濃くなるなどの変化がみられます。一度できたほくろは自然には消えません。

皮膚の色が薄い人では、主に日光にさらされる部分にできます。患部表面が乾き、1~2日で膜(カサブタ)が張りましたらお化粧でカバーして頂けます。それほど目立つ状態ではありませんが、治療した部分は少し赤味がありますので、お化粧をされていない場合は、周囲の方も気付くかもしれません。

ほくろ除去は1個500バーツからの料金です。

 

 

 

 

 

2016年8月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックの広告


 

->美容の情報

->美容クリニックの情報

->美容整形の情報

 

 

 

 

 

「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックでホクロ取り

生まれつき顔にあったホクロを「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックで取ってもらいました。年々ホクロが大きくなっているような気がしていたのですが、昨年ホクロから出血したこともあり、いつかは取ってしまおうと思っていました。

ホクロ取りは前もって予約を入れておいたので、順番待ちもなくスムーズです。受付で問診票を書いてから、ウサニヤー先生に診てもらい、すぐに処置室に向かいます。

そこそこの大きさだったのですが、麻酔クリームを塗ってからホクロの近くに麻酔を打ってってもらいます。すぐに麻酔も効いて、レーザーでホクロを取ってもらいました。レーザーで焼かれているような感じはありますが、痛みもほとんどなくあっという間に終了しました。

傷口が化膿しないように塗り薬と小さな絆創膏、それに抗生物質の飲み薬を頂きました。傷口は数日でふさがり、施術から3週間ほどでほぼ目立たなくなりました。ちょっと赤い色はしていましたが、男性なら特に気にならない感じです。鼻の皮膚は顔の中でも薄いので、ほかの場所よりは治るのに時間がかかるそうですが、その後は赤みも消え、今はほとんど目立ちません。

ホクロ取りは小さなものなら500バーツから出来るそうなので、タイ滞在中に気になるホクロは取ってしまいましょう。男性にもおすすめです。

 

2016年6月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックの広告


 

->美容の情報

->美容クリニックの情報

->美容整形の情報

 

 

 

 

 

名称未設定-9

日本の大学で医学を学んだウサニヤー先生とジュンポット先生が経営する「A‐RISA(エー・リサ)」クリニック。日本語での診察ができるため、日本人が多く通うクリニックです。男性患者も非常に多く、「ワキガ治療」は大変人気だそうです。

わきが(ワキガ・腋臭症)は、ワキの下、以外でも乳輪、外陰部、外耳道といった部位に存在しています。

このワキガを治療するための方法はいろいろありますが、ニオイの強い方と弱い方で治療法も異なってきます。

なお、ワキガ治療は日本に比べ、タイでは大変安く治療できるのもメリットです。

ワキガかどうか気になる方は、ワキガのセルフチェックをしてみてください。 1つでも該当する人は、ワキガの可能性があります。 

治療法①医師が直接目で確認しながらニオイの元となるアポクリン腺と汗の元となるエクリン腺を除去します。
治療法②ボトックス…ボトックスをワキの下に注入すると、アポクリン汗腺やエクリン汗腺といった汗腺の活動が抑制され、当然ニオイの軽減、つまりワキガの抑制も期待できるわけです。

ボトックスは1万5000バーツ、手術は3万5000バーツです。

2016年6月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

名称未設定-8


 

->美容の情報

->美容クリニックの情報

->美容整形の情報

 

「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックで年齢にあった二重まぶたの整形

タイ人の夫婦が経営する「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックはもちろん日本語可能で、相談料は無料。日本の大学で医学を学んで、一般診療も可能な先生方だから、さらに安心。

「二重まぶた手術」(2万5000バーツ)や「まぶた修正手術」(3万バーツ)といった目もとの治療は、日本人にニーズの多い「あくまで自然」な目もとに仕上げることも可能です。

症状や程度にもよりますが、30代後半から40代以上の方の目の周りのシワについては、たるんだ皮膚を切除する「タルミ取り」の手術が必要です。目はその人の第一印象の決め手となり、目の周りがすっきりするとぐっと若い印象を与えます。

二重にするには3つの方法があります。

①上まぶたを切らずに、目の際から数ミリのところを特殊糸で縫いこんでいく方法。2~3年の維持が可能で、術時間40分ほど。即日、洗顔可能で術後の腫れが引くのは3、4日後です。この方法ですと、きれいな二重が実現しますが、目のたるみや目の周りの脂肪除去はできません。20代の方におすすめです。

②上まぶたの黒目の上の部分を数ミリ切り合わせ、両脇は特殊糸で縫いこむ方法。術時間は45~60分ほどで、7年ほど持ちます。目の腫れは1週間強続きます。脂肪除去もあわせてできて、30代前後の方に効果的です。

③上まぶたを目にそって切り合わせる方法。術時間は90分ほどで、10~15年ほどの維持が可能。腫れが引き始めるのは7~10日前後。目のたるみも脂肪も解決できます。筋力や皮膚が弱ってきた40代以上におすすめです。

2016年5月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

 「A‐RISA(エー・リサ)」クリニックの広告

 


 

->美容の情報

->美容クリニックの情報

->美容整形の情報

 

 

ピチェット整形外科センターへ世界各国から患者が訪れる

タイで美容整形・性転換手術を考えている人はピチェット整形外科センターへどうぞ。ピチェット先生は形成外科医として長年活躍してきた実績があり、その腕が認められ、毎日、世界各国から患者がやってきます。もちろんその中には日本人もたくさん含まれています。

医療の進んでいるアメリカやヨーロッパの国からわざわざやってくる患者も多く、仕上がりはもちろんのこと、入院中の環境手配やスタッフのケア、手術前後のピチェット先生のアドバイスなど手厚いケアが好評で、母国の医療以上の満足を得たという声も多数あがっています。

気になる料金は、すべてパッケージ料金となっており、カウンセリング、検査費、入院費とすべてコミコミの料金です。

2015年11月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> ピチェット整形外科センターのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

ピチェット整形外科センターの広告

クリックすると拡大してご覧いただけます

タイで美容整形・性転換手術を考えている人はピチェット整形外科センターへ

タイで美容整形・性転換手術を考えている人はピチェット整形外科センターへ

タイで美容整形・性転換手術を考えている人はピチェット整形外科センターへどうぞ。ピチェット先生は形成外科医として長年活躍してきた実績があり、その腕が認められ、毎日、世界各国から患者がやってきます。

もちろんその中には日本人もたくさん含まれています。

医療の進んでいるアメリカやヨーロッパの国からわざわざやってくる患者も多く、実際に手術を受けてみると、その仕上がりはもちろんのこと、入院中の環境手配やスタッフのケア、手術前後のピチェット先生のアドバイスなど手厚いケアが好評で、母国の医療以上の満足を得たという声も多数あがっています。

気になる料金は、もちろんタイならではの低価格。すべてパッケージ料金となっており、カウンセリング、検査費、入院費とすべてコミコミの料金です。下の広告参照で。

 

入院先は快適で豪華な私立病院で、もちろんアフターケアまでフォロー。後で追加料金を請求するということはありません。下の広告参照で。

2015年8月5日 タイ自由ランド掲載

-> ピチェット整形外科センターのホームページ

-> 整形-美容クリニック

 

ピチェット整形外科センターの内容

ピチェット整形外科センターの内容

クリックすると拡大してご覧いただけます。