Tag Archives: 店舗モール

シーロム通りのアウトレットモール「バンコク・ファッション・アウトレット」

シーロム通りの奥の方。ホリディ・インホテルの隣のビルに「バンコク・ファッション・アウトレット」がオープンしています。

同ビル1~5階まで、あらゆるブランドの服、スポーツウェア、靴、下着、生活雑貨など様々販売しており、中には7~8割で販売しているものもあります。

売れ残りの品ですので、サイズがなかったり、いいデザインはすでに売れていたりしますが、ラコステ、アディダスのシューズ、ワコールの下着なども販売しており、よく探せば、掘り出し物があったり、肌着やシャツなどこだわらなくていいものは、ここでまとめて買えばお得です。

あまり知られていないのか、休日でも人が少なくて、ゆっくり買い物できます。

ただし、場所が少し行きにくい。車でない場合は、最寄りのBTSチョンノンシー駅、シーロム駅からタクシーで行くのがおすすめです。 www.bangkokfashionoutlet.com/

 

2016年2月5日 タイ自由ランド掲載

 

->バンコク・ファッション・アウトレットのホームページ

->タイのニュース

->タイのニュースのtagページ

オンヌットの飲食モールはまだ?

BTSオンヌット駅周辺にはレストラン街などが少なく、駅前のロータスやビッグCに入っているファストフード店などに限られ、そのほか、昨年中ごろまでは駅前のタラート(市場)があったが、それも高層コンドミニアムの建設で取り壊されている。

そんななか、駅からは5分ほど歩くがスクムビット・ソイ54の入り口に完成しているのが「ザ・フィル」The Phyll Sukhumvit 54。コミュニティーモールとして開発され、レストラン等が入居する予定だが外観はほぼ完成しているが、それぞれの店の内装で、まだ取りかかっていないところも多く、全体でオープン!という感じにはなっていない。

すでにオープンしているのはTOM N TOMSカフェで、通りからはこれが一番目立つ好立地に出店している。そのほか、地下1階には博多ラーメンの「威風堂々」がオープンしているが、とんこつラーメン190バーツからで、周辺に住むタイ人にとっては少々高めな値段設定で、ラーメン1杯200バーツほどでタイ人らが来店するかは難しいところ。

同モールのオーナーによると、賃貸は95%埋まっており、そのうち、オープンしているのは60%で、そのほかは内装などを行っている状態。オンヌット周辺にはこのようなコミュニティーモールがないので、今後は来客を期待できるとしており、周辺に住むタイ人や外国人、5万世帯が対象という。

飲食店での1人単価が200~300バーツまでのオンヌット周辺で、値段を抑えて提供できるかどうかがポイントになるだろう。

 

2016年1月20日 タイ自由ランド掲載

 

★★ 関連リンク ★★

-> 「ザ・フィル」The Phyll Sukhumvit 54のホームページ

-> 「ザ・フィル」The Phyll Sukhumvit 54のFacebook

-> オンヌット駅近に店舗モール

-> TOM N TOMSカフェのFacebook

-> 威風堂々のページ

 

 

 

 

 

 

 

オンヌット駅近に店舗モール

オンヌット駅近に店舗モール

 

駅前には次々とコンドミニアムが出来て、人の往来が激しくなったBTSオンヌット駅。駅前にはスパーストア「ロータス」があり、少し歩くとBIGCもあり、買い物をするのには困らない。しかし、そこに入っているレストランは、MKスキやマクドナルドなどを除いて、日本料理店などはまったくなく、日本人の駐在員などが急増しているにもかかわらず、食事場所がない、という状態が続いている。

そんななか、スクムビット・ソイ54の角に新しくできたのが店舗モール「PHYLL」。地下から3階までの広いスペースが店舗賃貸用となっており、すでに完成はしているものの、内装してオープンしている店はTOM N TOMS COFFEE しかないのが残念だ。

それでも、サンドイッチのSUBWAY、コンビニのセブンイレブン、タナチャート銀行、UOB銀行などが入居を決めているといい、店舗の工事等に入っているが、果たして日本料理店などがオープンするのはいつのことだろう。

現在、テナントを募集中で、地下から3階まで、大小のスペースで1㎡当たり1000バーツ~1400バーツ。スクムビット通り沿いではそれほど大きく見えないが、奥行きはかなりあり、200mほどありそうな感じだ。

BTSオンヌット駅から歩いて6分ほどだが、人が集まる方向ではないため、果たして人がやって来るか、という問題はある。

駐車場は十分にあるとはいえ、家賃は少し高めで、オンヌット駅周辺で初めての店舗モールが成功するのかが注目される。

なお、店舗の入居に関しては℡088-500-4300(タイ語)まで。

2015年9月5日 タイ自由ランド掲載