Tag Archives: 天丼

出店場所は自らの足で探す!ウェスト社タイ代表の川野さん

12月初旬にフジスーパーのあるソイ33/1に2号店をオープンする「生そばあずま」。

ちょうど1年前の12月に1号店をソイ33にオープンし、8月には焼肉あずまをソイ31にオープンした。来年はさらに出店のペースをあげてトータル10店舗を目指したいと、運営するウエスト社タイ代表の川野敦史さんは話す。

最初の3店舗は、不動産業者を通さず、川野さん自身が、自分の足で探したという。

1号店をソイ33にオープンする時は、なんでそんな風俗店街に出すのか、ソイの奥でランチは難しいなど、ネガティブな意見が多かったそうだが、川野さんには、価格に見合ったお客さんが納得できる料理とサービスを提供すれば、多少の立地の悪さは問題ないとの信念があった。

人が良い物件だと言っても、自分の目で見て、自分の頭でよく考えることが大切という。バイクであちこち走り回り、店舗物件を探しているそうだが「やっぱり住んでみないとわからないことは多いですね」と話した。

1号店はオープンすると同時に、予想以上に家族連れが来てくれて、平日は駐在員や旅行者、週末は家族連れと、一週間通して客足の途絶えないバランスの良い店舗となり、順調に売上げを伸ばしていった。

今は3店舗ともプロンポンに集中しているが、出店のペースを上げるにあたり、アソークやトンローなどへも広がっていきたいという。

また店舗を増やしていくには、タイ人客をもっと取り込んでいく必要があるという。現在、タイ人客の比率は、生そばあずまが1割強、焼肉あずまが2~3割だそうだ。

川野さんは以前ニューヨークで10年間、ウエスト社の海外支店の立ち上げ・運営に携わってきた。

ニューヨークでも最初は日本人の顧客をメインにした店を開き、徐々にアメリカ人にターゲットを広げていった経験があり、ニューヨークで歩んだ道をバンコクでも再現して行きたいと話す。

アメリカでは、出店への道筋が整っており、当時は日本食ブームという追い風もあったので一気に店舗を増やすことが出来たそうだ。

バンコクでは、食材のルート開発など一からのスタートで、壁にぶつかることも多いそうだが、幸いにも従業員の確保については苦労していないと言う。

来月オープンの生そばあずま2号店もすぐスタッフが集まり、現在研修中だ。長く働いているタイ人スタッフが多く、彼らが、新しいスタッフを誘ってくれるのだ。人が足りないということがなく、募集をしたことがないというのは驚きだ。

川野さんはタイに来る前は、タイ人は働かないと聞かされていたそうだが、あずまのスタッフは、みんな本当によく働いてくれると感謝している。「社風ですかね」とさらりと言うが、労働時間をなるべく短くし、利益に応じて、きちんとキックバックすることを心がけているという。

またタイ人にもポジションをつけ、責任感をもってもらうことで、彼らのやりがいを生み、一生懸命やっていれば、新店舗で上のポジションにつけるので自然にモチベーションもあがるのだろう。

生そばあずま2号店は、最初はうどん居酒屋にしようというアイデアもあったそうだが、フジスーパーの近くで家族連れも気軽に入りやすいのは、蕎麦だということで、生そばあずま2号店で進めることになったという。

2号店は1号店をちょっと小さくした感じで全50席(1号店は65席)。テーブル個室が6部屋あり、メニューは1号店と同じで、もちろん蕎麦3玉まで同一価格。川野さんは「3玉頼んで、お子さんと取り分けて楽しんでください」と言う。お持ち帰りのお弁当も販売する予定だ。

運営するウエスト社は、九州、福岡を中心に、うどん、焼肉、そば、中華、ステーキハウスなどのチェーン店を約200店舗展開していて、ロケーションや客層に合わせフレキシブルに店舗をオープンできるのが強みだ。

将来的にシーロムやデパートのフードコートへの出店も模索しており、タイでも、うどん居酒屋、立ち飲み屋などいろいろな業種を展開していきたいという。

2016年11月20日 タイ自由ランド掲載

->タイ関連コラム

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

生そば あずまの広告


 

->タイ関連コラムの情報

->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

 

 

 

 

 

 

「生そばあずま」でそばを思う存分

もりそばを食べるとき、ひと玉ならあっという間になくなってしまう。そんなときは大もりをたのむだろう。

「生そば あずま」のセットならそんな心配がない。3玉まで同じ値段で食べられるので、そばを食べたい!という人は思う存分食べられる。

例えば大きなえびが3本入った海老天丼セットなら250バーツ。天丼のほか、ちゃんとそばも付いていて3玉まで同一料金。

実際にランチセットで食べてみたが、天丼を食べながら、そば2玉を食べたが。とっても満足度の高いセットで、おなかいっぱい。

そのほか、山かけ丼セット(250バーツ)、かき揚げ丼セット(220バーツ)、カツカレーセット(280バーツ)など。カツカレーを食べて3玉そばはかなりきついかも知れない。

店内はとっても落ち着いた造りで、ランチは近くに住む日本人主婦などで混み合う。プロンポン駅前やアソーク周辺で働く日本人ビジネスマンも車でかけつけている。

11時から23時まで通しで営業しており、いつでも3玉まで同一価格というのはうれしい。17時からは通常のメニューに加えて、居酒屋メニューを揃えており、夕方からも駐在員に人気の場所となる。

 

2016年10月5日 タイ自由ランド掲載

 

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

名称未設定-5

 

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

生蕎麦あずまは、夕方5時からは居酒屋メニューも登場

生蕎麦あずまは、夕方5時からは居酒屋メニューも登場し、食事処としてだけでなく、居酒屋としても気軽に使えます。 テーブル席の他に、小上がりの個室もあり、仲間との宴会にも便利です。

通常のメニューとは別の居酒屋メニューは3つの価格帯に分かれていて、90Bの枝豆やイカの塩辛などから、140Bの揚げ出し豆腐、天ぷら盛り、190Bの牛タン、まぐろ刺身など、基本的な酒の肴が揃っています。本日のお勧めメニューもあります。

サラダ蕎麦は、文字通りサラダの下に蕎麦が入っているシンプルなメニューで、蕎麦とサラダの相性は抜群。

唐揚げは、スタンダードな唐揚げで、外はさっくり中はジューシーという安定感のある味わい。ボリュームがあるので仲間とシェアしても良いでしょう。

カツ煮は濃い目の味付けが、ビールによく合います。 ランチだけでなく、居酒屋としてもぜひ行ってみてください。

2016年8月20日 タイ自由ランド掲載

 

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

名称未設定-7

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

ソイ33の生そばあずまの便利な小上がりとテーブル個室

ソイ33の生そばあずまは、食事処としても居酒屋としても使いやすいお店です。小上がりの個室が2あり、テーブル個室が3室(6席2室、4席1室)あり、宴会や家族での会食にも便利です。小上がりは洗練された和の空間で、ゆったり落ち着けます。明るいテーブル個室は、気軽にプライベートなひとときを過ごせます。

夕方5時からは居酒屋メニューも登場し、小上がりはすっかり居酒屋といった雰囲気で、連日にぎわっています。通常のメニューとは別の居酒屋メニューは3つの価格帯に分かれていて、90Bの枝豆やイカの塩辛などから、140Bの揚げ出し豆腐、天ぷら盛り、190Bの牛タン、まぐろ刺身など、基本的な酒の肴が揃っています。本日のお勧めメニューもあります。

あずまでは、営業時間中いつでも蕎麦が3玉まで同価格で楽しめるのが特徴。蕎麦ともう一品のセットメニューも充実しており、蕎麦との相性抜群のてんぷらセットを頂きましたが、からっと揚った海老、ジューシーな茄子など、蕎麦とよく合い蕎麦3玉をするっと食べられました。

個室や小上がりでワイワイやると同時に、ひとりで食事や晩酌というのにも気軽に使いやすい店です。

 

2016年7月5日 タイ自由ランド掲載

 

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

名称未設定-15

クリックすると拡大してご覧いただけます


 

->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

 

 

名称未設定-15

暑い日が続きますが、そんな時は喉越しの良いお蕎麦が食べたくなります

ソイ33のあずまへ、ランチを食べに行きました。営業時間中いつでも蕎麦3玉まで同一価格というのが特徴で、連日、昼から夜まで賑わっています。

あれこれ迷った末、和風カレーセット(240B)を頼みました。

蕎麦は最初は2玉にしておいて、もしまだ食べられそうだったら、もう1玉追加する作戦にしました。蕎麦は温かいか冷たいか選べますが、猛暑日だったので迷わず「冷」を選択。

あずまの蕎麦は、大きな蕎麦の器に盛られており迫力満点。さぁ食べるぞというワクワクした気分になります。蕎麦は喉越し良く、清涼感たっぷり。暑さで食欲が落ちたときでも、これならいくらでも行けます。

和風カレーライスは、ほんのりダシが効いていてとてもまろやか。スパイシーではなく、家庭的な味わいで、子どもも食べやすそうです。カツカレーセット(280B)もあります。

カレーライスと蕎麦を2玉食べ、丁度いい腹具合になりました。

あずまは、毎日夕方5時から居酒屋メニューが登場。仕事帰りに一杯というのにぴったりです。

小上がりもあり、仲間とワイワイやるのも良いでしょう。

 

2016年5月20日 タイ自由ランド掲載

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

生そば あずまの広告


 

->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

 

名称未設定-7

もりそばを食べるとき、ひと玉ならあっという間になくなってしまう。そんなときは大もりをたのむだろう。

「生そば あずま」のセットならそんな心配がない。3玉まで同じ値段で食べられるので、そばを食べたい!という人は思う存分食べられる。

例えば大きなえびが3本入った海老天丼セットなら250バーツ。天丼のほか、ちゃんとそばも付いていて3玉まで同一料金。

実際にランチセットで食べてみたが、天丼を食べながら、そば2玉を食べたが。とっても満足度の高いセットで、おなかいっぱい。

そのほか、山かけ丼セット(250バーツ)、かき揚げ丼セット(220バーツ)、カツカレーセット(280バーツ)など。カツカレーを食べて3玉そばはかなりきついかも知れない。

店内はとっても落ち着いた造りで、ランチは近くに住む日本人主婦などで混み合う。プロンポン駅前やアソーク周辺で働く日本人ビジネスマンも車でかけつける!

11時から23時まで通しで営業しており、いつでも3玉まで同一価格というのは、うれしい。17時からは通常のメニューに加えて、居酒屋メニューを揃えており、夕方からも駐在員に人気の場所となっている。

2016年5月5日 タイ自由ランド掲載

 

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

名称未設定-6


 

->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

 

名称未設定-2

蕎麦が3玉まで同価格というあずま。夕方5時からは居酒屋メニューも登場し、食事処としてだけでなく、居酒屋としても気軽に使えます。

仕事帰りに寄ってみると、テーブル席、小上がりともに7時には、ほぼ満席。見渡すと仕事帰りの駐在員が多く、一人で来ている人は食事中心、グループは飲み会という感じでした。

通常のメニューとは別の居酒屋メニューは3つの価格帯に分かれていて、90Bの枝豆やイカの塩辛などから、140Bの揚げ出し豆腐、天ぷら盛り、190Bの牛タン、まぐろ刺身など、基本的な酒の肴が揃っています。本日のお勧めメニューもあります。

今夜はひとりで晩酌ということで、居酒屋メニューからサラダ蕎麦、鶏唐揚げ、かつとじをオーダー。サラダ蕎麦は、文字通りサラダの下に蕎麦が入っているシンプルなメニューですが、蕎麦とサラダの相性は予想外に良く、一気に平らげてしまいました。

唐揚げは、奇をてらったところがない、スタンダードな唐揚げで、外はさっくり中はジューシーという、これぞ日本の唐揚げという安定感のある味わい。ボリュームがあるので仲間とシェアしても良いでしょう。カツ煮は濃い目の味付けが、ビールによく合います。

蕎麦、うどん、お茶漬けなど、シメのメニューも揃っており、今回はミニ山かけそばを頂きました。ミニサイズの蕎麦はシメにちょうど良いサイズで、お腹も気分もさっぱりリフレッシュします。

店内はモダンな和風の内装で、清潔感がありスタッフの対応も丁寧で気持ちの良いお店です。ランチだけでなく、居酒屋としてもぜひ行ってみてください。

 

2016年4月5日 タイ自由ランド掲載

 

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

名称未設定-1

クリックすると拡大してご覧いただけます

 


 

->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

スクムビット・ソイ33の「生そば あずま」の梅ぶっかけ(230B)と鴨つけ(280B)

スクムビット・ソイ33の「生そば あずま」。

今回紹介するメニューは、梅ぶっかけ(230B)と鴨つけ(280B)。

梅ぶっかけの真ん中に乗っている大きな梅干は紀州南高梅。上品な酸味が口の中に広がります。そばとの相性も抜群です。他のトッピングもさっぱりしていて、それぞれ違った食感を楽しめます。梅ぶっかけは、暑いバンコクで食欲が落ちたときにもぴったりです。

鴨つけは、温かいつけ汁で冷たいそばをいただくスタイル。

つけ汁は口当たりがまろやかで、鴨からでる旨みがありコクのある汁で、お蕎麦がすすみます。

そば3玉まで同一価格で、お腹の空き具合で調整できるのはうれしいですね。

店構えと同様、店内もしっとりした和の趣で、小上がりや個室ほか、カウンター席もあり、仕切りがほどよくあり、プライバシーが守られているつくりも、日本人にはとても落ち着きます。

夕方5時から居酒屋メニューもオーダーできます。

場所はソイ33入口からしばらく歩いて左側。大きな暖簾が目印です。

 

2016年2月20日 タイ自由ランド掲載

 

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

生そば あずまの広告


->あずまの情報

->天丼の情報

->手打ちそばの情報

 

 

 

 

名称未設定 1

夕飯やお酒とおつまみが楽しめる「暁雨」は、プラカノンのコンドミニアムがあるWディストリクトの敷地内。フードコートの連なる、ビアガーデンの一角にあります。奥の方にあり、少し見つけにくいですが、ソイ69と71をつなぐ裏路地からもすぐの場所にあります。

昭和屋台の雰囲気の店構えが目印。単身の人や女性の来客も多く、肌寒いこの時期、心も身体も温まるおしるこ始めました。

また、人気の甘辛の江戸つゆが美味しい天丼も復活しました。焼酎ハイボール、ひや酒、ます酒などのアルコール類もあります。また、お酒を飲んだ後の締めには、うどん、そば、丼ぶり物などが人気です。ラーメン屋さんとは違う、鰹だしベースのシンプルな中華そばもどうぞ。

日替わり週替わりの料理もあり、メニューにないものもお気軽にリクエストをどうぞ。

2016年2月5日 タイ自由ランド掲載

-> 暁雨 ぎょううのページ

->日本料理店

->居酒屋さん

->居酒屋のtagページ

->居酒屋暁雨のtagページ

->天丼のtagページ

->プラカノンのtagページ

->Wディストリクトのホームページ

 

居酒屋暁雨の広告

 

 

 

スクムビット・ソイ33にオープンした「生そば あずま」のランチで3玉挑戦!

最近、スクムビット・ソイ33にオープンした手打ちそばの「生そば あずま」へランチを食べに行ってみました!

日本では九州、福岡を中心に約200店舗ほど展開しているウエスト社のタイ第1号店。場所はソイ33入口からしばらく歩いて左側。大きな暖簾が目印です。

店構えと同様、店内もしっとりした和の趣で、小上がりや個室ほか、カウンター席もあり、仕切りがほどよくあり、プライバシーが守られているつくりも、日本人にはとても落ち着きます。

さて、同店では、日本の店舗と同じ、そば3玉まで同一価格というシステムがありますので、お腹いっぱいそばを食べようということで、「かき揚げ天盛り(220バーツ)」を注文しました。

ちなみに、そばは一度に3玉注文しても、1玉ずつ追加注文してもOKだそうです。

高さも幅もある、大きいかき揚げとそばがやってきました。

そばは、湯で加減もばっちり。コシがあって、しっかり冷たい安心の日本の味です。かき揚げはサクサクの食感がいいですね。えびや小さく切ったイカも入っています。

丼ぶり物とそばがセットになった「海老天丼セット(250バーツ)」、「山かけ丼セット(250バーツ)」なども人気なようで、ボリューム満点なだけでなく、おそばとご飯物、どちらの味も一度に楽しめます。

1玉は普通に完食できましたが、2玉でけっこうお腹いっぱい。男性でも2玉食べるのが平均でしょうか。もちろん、そば好きの人は、3玉たっぷり味わってみて下さい。

なお、同店では、夕方5時から居酒屋メニューが注文できるようになりますので、付近で働く人は、会社帰りに居酒屋風に利用するのもおすすめです。

そばは、セットのほか、梅ぶっかけ(230バーツ)、納豆ぶっかけ(220バーツ)、などもありますので、お酒を飲んだ後は、さっぱり系で締めるのもいいですね。

2016年1月5日 タイ自由ランド掲載

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば

 

生そば あずまの広告

 

名称未設定-5

九州、福岡を中心に、うどん、焼肉、そば、中華、ステーキハウスなどのチェーン店を約200店舗展開しているウエスト社が、今度は12月にスクムビットソイ33に手打ちそばの店「生そば あずま」を新規オープン。

タイでは第1号店となる「生そば あずま」は、日本ではすでに、17店舗展開しており、今回立ち上げに携わっているタイ代表の川野敦史さんは、以前はニューヨークで10年間、ウエスト社の海外支店の立ち上げ・運営に携わってきました。また、日本では約130店舗の運営・管理を行なっていたという、この道一筋のスペシャリスト。

今回はバンコクに店舗を展開するにあたり、本社の社長に「バンコクで骨を埋めるつもりで」と指令を受けてやってきたそうで、日本で様々なジャンルの飲食店を展開しているウエスト社の強みをいかして、バンコクでも、いろいろなタイプの店を展開していきたいと抱負を語ります。

日本では、すでに50年の歴史のあるウエスト社は、もともとドライブインで気軽に来れる飲食店をコンセプトとして、ファミリータイプのレストランを中心にオープンしてきました。

ソイ33の新店舗も、「家族で楽しめる店」にしていきたいとのことで、一番の売りは、リーズナブルな価格帯。

揚げたてが自慢という「海老天丼とそばのセット」や「搔き揚げ丼とそばセット」はなんと250バーツ。さらには、そばは3玉まで同一価格という日本と同じシステムを採用しているので、これに消費税とサービス料が別途ついても、300バーツ以下。

また、夕方5時以降は夜限定のおつまみメニューが注文できるようになり、価格も90バーツ、140バーツ、190バーツの3種類。

一方、料理の価格とは対照に、店内は和の趣を感じる高級感のあるつくりで、カウンター席、テーブル席ほか、個室が3つ、小上がり個室が2つの全69席。宴会もできるので、仕事帰りのビジネスマンも楽しめる店となっています。

川野さんがニューヨークに渡ったのは1989年。ニューヨークの中でも飲食店の激戦区、マンハッタンを中心に、おでん屋のマネージャーや、ジャパニーズ・ファーストフードのうたい文句でニューヨーカー向けにオープンした「テリヤキボーイ」の運営などを行なってきました。

従業員は現地のアメリカ人ほか、中国人、韓国人、また、中南米から出稼ぎに来ている人を英語にスペイン語を交えながら雇う機会が多かったそうで、いろんな国籍の人と接しているうちに、国籍の違いなどもあまり気にならなくなったといいます。これから雇うタイ人従業員についても、あまり先入観などはなく、今までの経験と同様に、働く楽しさを教えていければと考えています。

ニューヨークで運営に携わった店といえば、タイムズスクエアの立ち食いそば屋や、ミッドタウンの立ち飲み屋、DJブース付きで、ノリノリの音楽の流れる回転寿司屋など。55丁目のブロードウェイ近くのおでん屋では、当時、小澤征爾や、シンディ・ローパー、マドンナなどのセレブが来店したり、シルベスタ・スタローンにカルフォルニアロールをケータリングしたりという経験もあったそうです。
また、ジャパニーズ・ファーストフードを謳った「テリヤキボーイ」は、1日1000人の来客がある人気店になり、最終的に20店舗まで店舗が増えました。

一昔前、ニューヨークで人気の日本食といえば寿司だったそうですが、現在のブームはラーメンで、さらには、ひとつのジャンルに特化した専門店も増えており、バンコクでもよくみかける大戸屋や一風堂などはニューヨーカーの間でも人気の店となっています。
また、過去には日本人の商社マン向けのレストランがほとんどだったのが、現在ではニューヨーカーをターゲットにした店が一般的になるなど、バンコクの日本食店の傾向とだいだい同じといいます。いずれは、タイ人向けのサービスも考えていきたいと語る川野さん。

2015年12月20日 タイ自由ランド掲載

 

->生そば あずまのホームページ

->生そば あずまのページ

->うどん、そば