Tag Archives: 不眠症

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:喘息(ぜんそく)と鍼灸治療

喘息は「慢性的な気管支の炎症」であり、気管支が過敏な人に、なんらかの因子が加わると発病すると考えられています。喘息発作を引き起こす原因としては①アレルギー説、②自律神経失調症説、③内分泌調節異常説 などがあげられますが、実際の原因にはひとつだけではなく様々な因子が重なって発病するケースが多いようです。風邪、過労、ストレスなども引き金になることが多いようです。

鍼灸治療より薬物治療のほうが優先されるのが一般的ですが、軽症の患者様は症状が出た時に薬物を服用するので、鍼灸治療をすることで薬物の服用回数を減らすことが可能となります。

気管支喘息に対する西洋医学的治療の方法は一応確立されていますが、副作用には必ずしも無視できないものがあります。中発作以上の喘息になり、苦しくて横になれないことやチアノーゼなどが認められる時には、気管支を広げる薬物でも軽減しないことが多く、ステロイドの点滴や吸入など強力な抗炎症作用のある薬物治療が必要になります。

ウィーンの大学病院、においては、慢性喘息患者に10週間の鍼灸治療を施術したところ、70%を超える患者に極めて優秀な著しい効果が見られたそうです。

気管支喘息の鍼灸療法においては、発作を起こさなくする根本的な予防が第一に考えられます。発作の出ていない安定期に、全身的な体調を整え、全身の凝りや疲労を取り除く目的の治療を行っていきます。

また喘息患者は上部胸式呼吸をしていることが多いので、頚肩部の凝り感を強く訴える患者様が多く見られるため、緊張している筋を緩めていく治療も行っていきます。

ぜんそくの症状で悩んでいる方は、日本人常駐のジャパニーズ鍼灸クリニックへどうぞ。下の広告参照で。

 

2016年4月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> ジャパニーズ鍼灸クリニックのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

ジャパニーズ鍼灸クリニックの広告


 

->ジャパニーズ鍼灸クリニックの情報

->鍼灸治療の情報

–>喘息の情報

 

 

 

「ジャパニーズ鍼灸クリニック」の健康コラム:不眠症と鍼灸治療

最近日本人の5人に1人が不眠に悩まされています。しかし、不眠症で医師に受診する割合が極端に低く、寝る前に酒を飲む比率が最も高ことが、今年3月にフランスの製薬会社サノフィ・サンテラボが実施した国際睡眠疫学調査で分かりました。調査は日本、ドイツ、中国なと10カ国で約3万5000人にアンケート調査し、日本では約1万人が答えました。これほどの大規模な睡眠の国際調査は初めてだそうです。

「睡眠の悩みを訴えている人は全体で25%、日本人では21%だった。その対策は「医師に受診」が欧州などを中心に、半分近くいたのに対し、日本では最下位の8%にすぎなかった。 不眠に悩んで睡眠薬をのむ人は日本人で少なく15%。逆に、不眠を解消しようとして寝る前に酒を飲む人は、日本人が30%と1番多かった。」
※アンケート調査結果より抜粋

調査結果からも分かるように不眠症に悩む日本人の医師への受診率の低さは、「行っても不眠は治してもらえない」、「睡眠薬に依存してしまうかもしれない」、と言う不安感から来るものと予想されます。現に、睡眠薬の長期的使用では依存症になる可能性が示唆されていますし、薬の摂取量も耐性によって量が増えてきます。不眠症は短期的にはなんら問題はないのですが、慢性不眠症では疲労・倦怠感・記憶喪失・イライラ、集中力減少や精神病の原因にもなりかねません。

不眠症に鍼灸治療はとっても効果的です。東洋医学の古典医学書「黄帝内経」の中に(目不瞑)(不得眠)(不得臥)といった記述があり昔から「不眠症」を病ととらえていたことが分かります。不眠症は失眠または不寝といい、心・肝の機能の変調や、陰と陽のアンバランスによって起きると考えています。心の臓による不眠は寝つきが悪く、寝ても夢見が多く、肝による不眠は眠りが浅く、よく目を覚まると示されてます。

ソイ33/1のジャパニーズ鍼灸クリニックでの治療は、主に精神的な興奮や自律神経の乱れを鎮め、全身調節をおこなって正常な身体のリズムを取り戻すように行います。色々と試した末に当院へこられる方は大変多くいらっしゃいます。治療後、ほとんどの方はもっと早くから鍼灸治療を受診しなかったことを後悔してます。鍼灸治療は、経験の積み重ねが伝承されてきた医学です。東洋医学では不眠症はずっと昔から病として研究され、治療法も代々伝承されながら改良され、現在の効果的な治療が可能になったのです。

 

2016年3月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> ジャパニーズ鍼灸クリニックのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

ジャパニーズ鍼灸クリニックの広告


 

->ジャパニーズ鍼灸クリニックの情報

->鍼灸治療の情報

->不眠症の情報

 

 

 

名称未設定-5

自然治癒力を高める昭和38年に厚生省で許可された電位治療器「ヘルストロン」が、日本で今また注目されているようです。

今では家庭や医療機関、福祉施設、トレーニングルーム等で広く利用されており、たった20分ほどイスに座るだけで、全身の血液循環がよくなり、酸性化している人の体液が弱アルカリ性に調整されます。

すると、血液がさらさらの状態になり、滞りなく全身に行き渡るようになります。

その結果、体全体、さらには脳にも骨にも栄養と酸素が十分行き渡るので、すべてが活性化し、体の体調も徐々に治っていくというものです。

継続して使用することが大切で、特に肩こり、頭痛、不眠症、慢性便秘などの症状は、毎日通電することで、効果的に少しずつ改善するといわれます。

そのヘルストロンで自然治癒力を実践しているのが、スクムビットソイ33/1にある「元気プラザ」。初回は無料で体験できます。


名称未設定-4

「元気プラザ・シラチャ店」はロビンソン裏、ナコン・ソイ5の「TS Thaisilk」2Fにあります。場所・入り方はYouTubeに掲載いたしました。「元気プラザ シラチャ」で検索するかURL (https://www.youtube.com/watch?v=H8fjj2L–jo&feature=youtu.be)でご覧下さい。

最初は多少入りづらいかも分かりませんが、「元気プラザ」と言って入っていただければOKです。

シラチャにお住まいで、肩こり・頭痛・不眠症・疲れやすいetc 体調不良でお悩みの方、是非一度試してみてください。お子様の体力UPにも役立ちますよ!

 

2016年1月20日 タイ自由ランド掲載

->元気プラザのFacebook

-> 医療-健康-病院-歯科

 

元気プラザの広告

 

 

 

 

自然治癒力を高める「ヘルストロン」が今また日本で人気です

自然治癒力を高める「ヘルストロン」が今また日本で人気です

自然治癒力を高める「ヘルストロン」が今また、日本で人気です。昭和38年に厚生省で許可された電位治療器。今では家庭や医療機関、福祉施設、トレーニングルーム等で広く利用されており、たった20分ほどイスに座るだけで、全身の血液循環がよくなり、酸性化している人の体液が弱アルカリ性に調整されます。

すると、血液がさらさらの状態になり、滞りなく全身に行き渡るようになります。

その結果、体全体、さらには脳にも骨にも栄養と酸素が十分行き渡るので、すべてが活性化し、体の体調も徐々に治っていくというものです。

継続して使用することが大切で、特に肩こり、頭痛、不眠症、慢性便秘などの症状は、毎日通電することで、効果的に少しずつ改善するといわれます。詳細は左の広告を参照で。

そのヘルストロンで自然治癒力を実践しているのが、スクムビットソイ33/1にある「元気プラザ」。

すでに駐在員の奥様に絶大な人気を誇っています。駐在員の男性もぜひご利用下さい。

 

2015年8月20日 タイ自由ランド掲載

-> 医療-健康-病院-歯科

 

元気プラザの広告

元気プラザの広告