Tag Archives: プラカポン

​バラマンディーという魚​とMokoleyとの出会い その①

​バラマンディーという魚​とMokoleyとの出会い その①

 

『バラマンディ (学名 Lates calcarifer) は、スズキ目・アカメ科に属する魚の一種。インド太平洋の熱帯域に分布する沿岸性の大型肉食魚で、東南アジアやオーストラリア北部では釣りや食用の対象として重要な魚である。』とウィキペディアに記述があるこの魚、みなさんもご存知、タイ語では「プラカポン」と呼ばれている魚です。​Mokoleyのロゴの赤い魚もこのバラマンディーを模ったものです。​

レストランでシーバスとメニューに書いてあったらほぼ100%、この魚のお料理のことであると思っていただいてもいいくらい、タイのレストランではポピュラーな魚です。癖のないホクホクの白身は、焼いても、煮つけても、揚げてもおいしい、また見た目にもきれいな色をした魚です。Mokoleyが営業を開始した1998年ごろは、このバラマンディーは食用としてのみ養殖されていました。

日本では一足先に大ブームになっていたルアーフィッシングも、その当時タイではまだまだマイナーな釣り方で、そのマイナーなルアーフィッシングでの釣り人たちのターゲットは主にプラチョン(タイの雷魚)と天然プラチャドー(ジャイアントスネークヘッド)でした。

Mokoleyが当初、ルアー販売をタイで始めたころは、日本でブラックバス用に出回っていたルアーをタイでプラチョン、プラチャドー釣り用として販売していました。

ある日、Mokoleyの現在のタイ人マネージャーの『オー』がまだ20代の若者だったころ、サムットプラカーン県にかつてあった雷魚釣り堀に行き、ラパラ社のルアーを使って釣りをしていたところ、この釣り堀でたまたま池に混ぜてあったバラマンディーがよく釣れ、この池に通うようになりました。この池はもう今は埋め立てられ、すでにコンドミニアムが立てられありません。

Mokoleyが知るタイでのバラマンディー釣りは、今はなきこの池から始まりました。

Mokoleyでは毎月第2土曜日に月例バラマンディー釣りツアーを開催しています。ツアーの料金はお1人につき、1200バーツ、小学生以下の子供は800バーツとなっております。10月10日(土)のツアーに参加ご希望の方は10月7日 土(水)までにお申し込みください。お電話でお申し込みの際は【ツアーコード : RTB-10月】とお伝えください。

2015年9月20日 タイ自由ランド掲載

-> Mokoley(モコリー)のホームページ

-> Mokoley(モコリー)のFacebook

-> タイで釣り

 

 Mokoley(モコリー)の広告

Mokoley(モコリー)の広告