Tag Archives: バラマンディー

バラマンディーとモコリーの出会い  その②

「Mokoley(モコリー)」が営業を開始した1998年ごろは、まだバラマンディーの釣り堀はなかったというお話を先月書かせていただきました。

養殖池は、魚を文字通り養殖して、販売するためだけの池で、魚を出荷する前に釣らせるといったコンセプトはそのころは到底ありませんでした。

タイで最初にバラマンディーを釣りのターゲットとして釣り堀をオープンしたのは、サムットサーコーン県の『ルンぺオ』という釣り堀であったとMokoleyのマネージャーのオーは語っています。

バラマンディーは肉食の非常に力の強い魚で、釣り堀でも果敢にルアーに向かってきます。ルアーのフックにかかった瞬間からものすごい勢いで逃げようとし、時にはエラ洗いと呼ばれるジャンプをします。

そんなことから当初タイでも一般に販売されていたバス用のルアーだと針がおられる、針が伸びてしまう、またルアーそのものがバラマンディーにより破壊されるようなことが起き、だんだんとバラマンディー釣り用のルアーが開発されていくようになりました。

今では数多くの釣り場、またバラマンディー釣りに適した道具も多く販売されており、昔よりはだいぶスポーツフィッシングとしてバラマンディーを釣るチャンスに恵まれていると思います。

あなたもぜひ話のタネに、また在タイでの思い出に一度バラマンディー釣りを体験してみませんか?

Mokoleyでは毎月第二土曜日にバラマンディー定期ツアーを催行しております。

また、11月22日(日)には釣り具総合メーカーシマノとMokoleyが主催のシマノカップ釣り大会が開催されます。

詳しくはMokoleyウェブサイトをご覧ください。下の広告を参照で。

2015年11月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> Mokoley(モコリー)のホームページ

-> Mokoley(モコリー)のFacebook

-> タイで釣り

 

名称未設定-1

 

 

「Mokoley(モコリー)」がオーナーと契約を交わしたバラマンディー専用池がオープン!!

「Mokoley(モコリー)」がオーナーと契約を交わしたバラマンディー専用池がオープン!!

 

 長らくお待たせしました、「Mokoley(モコリー)」がオーナーと契約を交わした、バラマンディーの新養殖池がやっとオープンしました。 場所はサムット・ソンクラーム県、バンコクから西へ約1時間半の場所に位置した新しいバラマンディー養殖池です。

Mokoleyが毎月第二土曜日に開催しております月例バラマンディー定期ツアーにお申込みいただきますとこの池での釣りを楽しんでいただけます。9月の定期ツアーでもお客様をご案内いたしました。
お客様の反応は? いろいろご説明する言葉よりも左の写真のみなさんの笑顔を見てください。もっと写真を見たい方は、こちらへ。
“>https://www.facebook.com/mokoley
10月のバラマンディー定期ツアーは10月10日です。皆様のご参加をお待ちしています。

ツアーの料金はお1人につき、1200バーツ、小学生以下の子供は800バーツとなっております。バラマンディー定期ツアーに参加ご希望の方は10月7日 (水)までにお申し込みください。お電話でお申し込みの際は【ツアーコード : RTB-10月】とお伝えください。
詳しくは当社ホームページをご覧ください。

 

2015年10月5日 タイ自由ランド掲載

-> Mokoley(モコリー)のホームページ

-> Mokoley(モコリー)のFacebook

-> タイで釣り

 

 Mokoley(モコリー)の広告

Mokoley(モコリー)の広告

 

​バラマンディーという魚​とMokoleyとの出会い その①

​バラマンディーという魚​とMokoleyとの出会い その①

 

『バラマンディ (学名 Lates calcarifer) は、スズキ目・アカメ科に属する魚の一種。インド太平洋の熱帯域に分布する沿岸性の大型肉食魚で、東南アジアやオーストラリア北部では釣りや食用の対象として重要な魚である。』とウィキペディアに記述があるこの魚、みなさんもご存知、タイ語では「プラカポン」と呼ばれている魚です。​Mokoleyのロゴの赤い魚もこのバラマンディーを模ったものです。​

レストランでシーバスとメニューに書いてあったらほぼ100%、この魚のお料理のことであると思っていただいてもいいくらい、タイのレストランではポピュラーな魚です。癖のないホクホクの白身は、焼いても、煮つけても、揚げてもおいしい、また見た目にもきれいな色をした魚です。Mokoleyが営業を開始した1998年ごろは、このバラマンディーは食用としてのみ養殖されていました。

日本では一足先に大ブームになっていたルアーフィッシングも、その当時タイではまだまだマイナーな釣り方で、そのマイナーなルアーフィッシングでの釣り人たちのターゲットは主にプラチョン(タイの雷魚)と天然プラチャドー(ジャイアントスネークヘッド)でした。

Mokoleyが当初、ルアー販売をタイで始めたころは、日本でブラックバス用に出回っていたルアーをタイでプラチョン、プラチャドー釣り用として販売していました。

ある日、Mokoleyの現在のタイ人マネージャーの『オー』がまだ20代の若者だったころ、サムットプラカーン県にかつてあった雷魚釣り堀に行き、ラパラ社のルアーを使って釣りをしていたところ、この釣り堀でたまたま池に混ぜてあったバラマンディーがよく釣れ、この池に通うようになりました。この池はもう今は埋め立てられ、すでにコンドミニアムが立てられありません。

Mokoleyが知るタイでのバラマンディー釣りは、今はなきこの池から始まりました。

Mokoleyでは毎月第2土曜日に月例バラマンディー釣りツアーを開催しています。ツアーの料金はお1人につき、1200バーツ、小学生以下の子供は800バーツとなっております。10月10日(土)のツアーに参加ご希望の方は10月7日 土(水)までにお申し込みください。お電話でお申し込みの際は【ツアーコード : RTB-10月】とお伝えください。

2015年9月20日 タイ自由ランド掲載

-> Mokoley(モコリー)のホームページ

-> Mokoley(モコリー)のFacebook

-> タイで釣り

 

 Mokoley(モコリー)の広告

Mokoley(モコリー)の広告

 

 

初心者も楽しめる「Mokoley(モコリー)」の釣りツアー

初心者も楽しめる「Mokoley(モコリー)」の釣りツアー

 

釣具販売と釣りツアーを催行している 「Mokoley(モコリー)」では、毎月第2土曜日にバラマンディ釣り定期ツアーを行っています。次回は9月12日(土)に開催いたします。釣り道具を持っていなくても、レンタルの釣り道具(1セット500バーツ)があるので、お気軽に参加して頂けます。

Mokoleyツアーでしか釣れないバラマンディ養殖池です。 初めての方や女性の方、お子様でも安心して釣っていただけます。ツアーの料金はお1人につき、1000バーツ、小学生以下の子供は500バーツとなっております。参加ご希望の方は9月9日 (水)までにお申し込みください。お電話でお申し込みの際は【ツアーコード : RTB-9月】とお伝えください。

※ レンタルタックルにはルアーは消耗品のため付属しておりません。
また、大型釣り船でシャム湾の景色を楽しみながらの海釣り定期ツアーも毎月第4土曜日に開催しています。

 

次回は9月26日開催、締め切りは9月22日です。料金は1名につき、大人2500バーツ、子供 (小学6年生まで)は2000バーツです。

お電話でご予約の際は【ツアーコード : RTO-9月】とお伝え下さい。海釣り定期ツアーの最低催行人数8名様でご案内いたします。家族や友人たちとのんびり海釣りを楽しんでみませんか。なお、海釣りで釣った魚はお持ち帰りいただけます。

定期ツアーはどちらもフジスーパー2号店向かいのセブンイレブンから専用バスで出発いたします。

詳しくは当社ホームページをご覧ください。

2015年9月5日 タイ自由ランド掲載

-> Mokoley(モコリー)のホームページ

-> Mokoley(モコリー)のFacebook

-> タイで釣り

 

 Mokoley(モコリー)の広告

Mokoley(モコリー)の広告

 

「Mokoley(モコリー)」では8月中旬にカンチャナブリ県、カオレームダムへ行く釣りツアーを予定しています

「Mokoley(モコリー)」では8月中旬にカンチャナブリ県、カオレームダムへ行く釣りツアーを予定しています

 

釣り具販売と釣りツアーでおなじみの「Mokoley(モコリー)」では8月中旬にカンチャナブリ県、カオレームダムへ行く釣りツアーを予定しています。天然チャドー、カスープ、プラチョン釣りを楽しみましょう。

まだ天然チャドーを狙った経験のない方にとっては、普段の時期のチャドー釣りは非常に厳しいのですが、稚魚ボールが出る8月ごろは子供を守ろうとするチャドーが獰猛になり、近くに投げ込まれるルアーに果敢に向かってきます。他の時期と比べても大物が釣れるチャンスが多いです。

ただし必死に子供を守る親ですので、釣った醍醐味を楽しんだ後は怪我がないようにリリースしましょう。

宿泊は、タイ人アングラーの中ではとても有名な、タイのチャドーレジェンドが経営する水上コテージに泊まります。ミャンマー国境付近に住んでいるモン族の郷土料理なども楽しんでいただけます。

バンコクから車で片道約6時間を要する秘境での天然チャドー釣り、タイに滞在中一度はトライしてみたい釣り場です。

Mokoleyは8月12日~14日と、8月14日~16日の2便。タイ王妃誕生日の8月12日から週末にかけて2回に分けてカオレームチャドーツアーを計画しております。大まかな日程はや参加費用も含めたさらなる詳細は、当社ホームページ(http://www.mokoley.com)をご覧下さい。

また「Mokoley(モコリー)」では、毎月第2土曜日にバンコク近郊でのバラマンディー釣り、第4土曜日には海釣りの定期ツアーを開催しております。釣り道具をお持ちでない方にもレンタル釣り道具もあり、初心者の方にはわかりやすく釣りの指導もいたしますので、安心して参加できます。

2015年7月20日 タイ自由ランド掲載

-> Mokoley(モコリー)のホームページ

-> Mokoley(モコリー)のFacebook

-> タイで釣り

 

Mokoley(モコリー)の広告

Mokoley(モコリー)の広告