Tag Archives: ハーモニックレジデンス

 

サハ東急がシラチャにアパートをオープン、賃貸住宅「ハーモニック レジデンス シラチャ」

サハ東急がシラチャにアパートをオープン、賃貸住宅「ハーモニック レジデンス シラチャ」

東京急行電鉄株式会社は、サハグループとの合弁会社であるサハ東急コーポレーションとともに、8月14日(金)、シラチャにおいて、日本人駐在員をメーンターゲットにした賃貸住宅「ハーモニック レジデンス シラチャ」のショールームをオープンしました。

シラチャは、バンコク中心部から南東約100㌔に位置する、近年は日本をはじめとする外資系企業の工場進出が進んでおり、日本人駐在員が年々増加しているエリアです。

この物件は、東急が田園調布や多摩田園都市などの街づくりで培ったノウハウを生かした、24時間セキュリティによる安全性の確保、入居者の各種ニーズに応えるフロントサービスを持つクラブハウスの設置、歩車分離の徹底や緑豊かな遊歩道の整備などが特徴。

ファミリー層に十分な広さの2LDK(122㎡)と3LDK(122㎡~139㎡)を用意し、価格も周辺相場と同水準の59400~77500バーツ(VAT・サービス別)に設定したことで、日本同様の快適な暮らしが手ごろな値段で楽しめます。近隣には日本人幼稚園や日本人学校、サハグループが手掛けた商業施設「Jパーク」などがあり、生活利便性も高く、日本人駐在員とその家族が安心して生活できる環境です。

8月14日から予約受付を開始しており、12月から2016年9月まで3期に分けて順次、入居を開始する予定です。問い合わせ等は「ハーモニック レジデンス シラチャ」 説明・内覧会事務局 担当:青山℡094-075-1024まで。

 

2015年9月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> タイで不動産仲介のページ

 

 

 

 

 

 

HarmoniQ Residence(ハーモニック レジデンス)は、2015年12月第1期入居予定の、シラチャにある日本人向けの一戸建て風集合住宅です

HarmoniQ Residence(ハーモニック レジデンス)は、2015年12月第1期入居予定の、シラチャにある日本人向けの一戸建て風集合住宅です

HarmoniQ Residence(ハーモニック レジデンス)は、2015年12月第1期入居予定の、シラチャにある日本人向けの一戸建て風集合住宅です。現在5・5へクタールの敷地面積に全180戸を建設しています。

シラチャ日本人学校とオイスカ幼稚園が直ぐそばにある立地で、マックスバリュやツルハドラックなどがテナントとして入っているJパークへも徒歩圏内です。

この物件の最大の特徴は、タイにありがちな施工精度の低さをSCGハイム(セキスイハイム)のユニット工法により高気密・高断熱住宅を実現しており、日本式の玄関、洗浄機能付便座の個室トイレなども加え、日本人向けの住みよい設計となっていること。

そのため、タイの住居でありがちな入居後の施工不良(水漏れ等)がほとんど発生しないと予想されます。人気の3ベッドルームは2015年7月の段階で全て予約済みであり、ご紹介可能な物件は2ベッドルームのみとなります。

8月14日よりモデルルームがオープンします。高品質な賃貸アパート物件を実際に目にされて、お確かめください。ご見学をご希望の際は、お気軽にご連絡ください。

 

 

2015年8月20日 タイ自由ランド掲載

-> ヨシダ不動産のホームページ

-> タイで不動産仲介のページ

-> 賃貸オフィス-工場

 

ヨシダ不動産の広告

ヨシダ不動産の広告

サハグループと東急によるサハ東急コーポレーションはこのたび、シラチャーの日本人駐在員向けにサービスアパート「ハーモニックレジデンス・シラチャー」を開発、建設し、オープンは来年9月になる見込み。

 同社によると、家賃は6~7万バーツとなり、この8月14日より、69室の予約を開始するという。現地の日本人学校に通う子どもも増えており、日本人駐在員が今後も増加していくとして、9億バーツを投資して同社の最初の事業として開発することになった。

1年で1億3000万バーツ~1億5000万バーツの収入になるとしており、9年間で投資分は回収できるとしている。

 同社はサハグループ50%、東急45%出資で2014年10月に設立し、今後は東急の開発ノウハウなどを生かし、リゾートやホテルなども開発していくとしている。

2015年7月20日 タイ自由ランド掲載

 

-> ハーモニックレジデンス・シラチャーのホームページ