Tag Archives: ハンバーグセット

名称未設定-24

漫画喫茶と宅配弁当の店としてはバンコクで先駆け的存在の「オレンジハウス」。

店内は35人ほどが座れる飲食スペースと、漫画や雑誌がびっしりと入った本棚が並んでいます。食事メニューは宅配弁当と同じく、冷凍食品は一切使わない手作りのメニューで、「チーズハンバーグ定食」「ネギ味噌カツ定食」「白身魚タルタルソース定食」など定食類を中心に約70種類もの豊富な内容になっています。またドリンクも炭焼きコーヒーのほか、スイカやバナナなどのジュースがリーズナブルです。

営業時間は午前9時半~午後10時で、漫画等を読まない人で、食事だけでもOK!定休日はありません。

2016年9月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> オレンジハウスのホームページ

-> 宅配-デリバリー-配達

 

オレンジハウスの広告

 


 

->オレンジハウスの情報

->弁当デリバリーの情報

->弁当宅配の情報

バラエティ豊かなオレンジハウスのハンバーグ

ハンバーグ好きの人なら、一度はぜひ試してほしいオレンジハウスのハンバーグ弁当(190バーツ)、とろーりチーズののった「チーズハンバーグ弁当(200バーツ)」や、小さめのハンバーグがデミグラスソースで煮込まれた「煮込みハンバーグ(190バーツ)もおすすめ。煮込みハンバーグは、焼いたハンバーグとはまた違う柔らかさで、デミグラスソースがほどよく染み込んでいます。野菜のソテーもついてきたのが感動でした。

そのほか、よくばりたい人のためのジャンボハンバーグ弁当(240バーツ)、ハンバーグカレー(190バーツ)、さっぱり食べたい人におすすめの和風ハンバーグ弁当(190バーツ)もあります。

 

2016年7月5日 タイ自由ランド掲載

 

-> オレンジハウスのホームページ

-> 宅配-デリバリー-配達

 

オレンジハウスの広告

 


 

->オレンジハウスの情報

->弁当デリバリーの情報

->弁当宅配の情報

ハワイアンスタイルの日本料理店&パンケーキの「モクオラ(MOKU OLA)」のやわらかハンバーグのセット

昼間のランチを食べるのに今回は、BTSプロンポン駅直結のエムクオーティエに行きました。地下にも店舗が並んでいますが、上階の6階からもらせん状に店が並んでいて、その中にタイでチェーン展開しているハワイアンスタイルの日本料理店&パンケーキの「モクオラ(MOKU
OLA)」があります。

休日ということもあり、付近に住む日本人家族などで満席になり、人気の店だというのがわかります。メニューでは1人分のセット風になったものが食べやすく、例えば、ハンバーグ・カレーコンボは、カレーライスにハンバーグ、フライドポテト、サラダが1つのお皿に入っています。それにスープ付き。

お皿を囲むかごのようなものが、料理を引き立てていて、カレーも日本の味で、ハンバーグもやわらかい。1人分を定食風に食べられるのも落ち着けます。これで260バーツ+サービス料+VAT。そのほかにもグラタンなどもあるようなので次の機会があれば、試してみたいと思いました。

(M)

 

★★ 関連リンク ★★

->ハワイアンスタイルの日本料理店&パンケーキの「モクオラ(MOKUOLA)」のページ

-> ハワイアンスタイルの日本料理店&パンケーキの「モクオラ(MOKUOLA)」のFacebook

-> ハワイアンスタイルの日本料理店&パンケーキの「モクオラ(MOKUOLA)」のInstergram

 

 

 

 

5種類のランチメニューが好評の楽市楽座

5種類のランチメニューが好評の楽市楽座

 

5種類のランチセットのメニューが好評の居酒屋、楽市楽座。週替わりのお勧めもあります。まずじっくり味わって欲しいのがごはん。お米にこだわり、強い粘りが特徴の滋賀県産の近江米ミルキークイーンを使用しております。ごはん大盛り無料で、プラス30Bでごはん、お味噌汁が食べ放題になります。

肩豚ロースのオニオン・ジンジャーソース&エビフライを頂きましたが、炊き立てのつやつやしたごはんが目を引きます。お米の一粒一粒が立っているようで、程よい感じでもちもちした食感が心地よく食が進みます。

肩豚ロースは柔らかく豚肉の甘みがあり、オニオン・ジンジャーソースとの組み合わせは抜群です。カラッと揚がった海老フライもありボリューム満点!

おばんざいが自慢の楽市楽座だけあり、カボチャやキンピラの小鉢は、しっかりした安定感のある味付けです。茶碗蒸しが付いているのもうれしいです。食後にはコーヒーも付きます。

その他、肉がギュッと詰まったハンバーグや牛ヒレのカツレツも人気が高いメニューで、ランチは全て税込み300Bです。

タイ自由ランドを見てお越しになられたお客様に、ランチにデザートをサービスいたします。スタッフに「タイ自由ランドを見た」と気軽に声をおかけください。 ランチは月曜日から金曜日(タイの祝日を除く)。時間は11時45分から14時30分(ラスト・オーダー14時)です。

楽市楽座では生ビール祭りとして毎日17時30分から19時までハッピーアワーを開催中! 時間内は何杯飲んでも生ビールが半額の60Bです。ぜひお立ち寄りください。

2015年10月5日 タイ自由ランド掲載

-> 都のおばんざいの店「楽市楽座」のページ

-> 京都のおばんざいの店「楽市楽座」のFacebook

 

京都のおばんざいの店「楽市楽座」の広告

京都のおばんざいの店「楽市楽座」の広告

 

 

日本人のためのランチセットを味わうならやはりココ!炭火焼き「夢路」

日本人のためのランチセットを味わうならやはりココ!炭火焼き「夢路」

 

日本の居酒屋さんのランチ営業、そのままの感じがよい炭火焼き「夢路」。ランチセットが100バーツ台からあり、昼も日本人管理だから、どのメニューをたのんでもはずれはない。

今回は、ハンバーグセット(190バーツ)をオーダーしてみた。小さな鉄鍋にのったやわらかハンバーグは、ハシでするする切れる。小鉢が4つもあり、この日はつけもの、マカロニサラダ、煮込みビーフ、ひき肉煮。

懐かしい日本の曲がかかっていて、まさに昭和の雰囲気。スクムビットのソイ19を入って80m左にある。アソークのビジネス街でもあり、ターミナル21にも日本料理店がたくさんできたが「日本人のためのランチセット」を味わうならやはりココ! 日本人ビジネスマンのためのランチセットです。


2015年6月5日 タイ自由ランド掲載

-> 居酒屋「夢路」のページ

 

居酒屋「夢路」の広告

居酒屋「夢路」の広告

 

 

今どき200B以下!!プロンポン界隈のお得ランチは?

今どき200B以下!!プロンポン界隈のお得ランチは?

エムクオーティアができて、ますます活気が出ているBTSプロンポン駅前。多くの日本人が活用する駅ですが、オフィスなどもあり、日本人ビジネスマンも増えています。

そんななかで、駅前で日本食のランチセットを!というときは、どこがお得でしょうか。今回は、手軽に利用できる店を調べてみました。

駅の近くで日本食のランセットの価格を調べてみると、平均は、230~250バーツほど。しかし、この値段に、さらに消費税、サービス料がつき、会計は300バーツ近くになってしまいます。

そんな中で、駅近で200バーツほどで、食べられる店といえば、ファミリーマート隣の小さな扉から2階に上がる、老舗の居酒屋「さんや」。もうひとつは、在タイの長い人ならすっかりお馴染みの定食屋さん「キッチン新潟」です。どちらも大きく宣伝はしておらず、口コミで訪れる日本人客がほとんどです。

「さんや」は、毎日、日替わり定食を用意しており、店前の小さなボードにメニューが書いてあります。

一方、「キッチン新潟」は20種類近くの定食メニューがあり、鮭味噌漬け定食、ロールキャベツ定食、かにクリーム定食、特製ハンバーグ定食などがあります。

ランチセットではないですが、ソイ39にある、最近は、すっかりタイ人に知られた印象のある「ゴールドカレー」も、今どき、かなり、リーズナブルなお店。

名物のカツカレーは、昼の特別価格でなんと、1皿180バーツ(Mサイズ)。消費税・サービス料は別途つきません。セルフで味噌汁のサービスもあります。

続いて、ランチの選択肢のひとつ、お得なラーメンが食べられる店はどこでしょう。

最近は、プロンポン周辺でも、モール内に続々専門店がオープンしています。しかし、1杯の値段がけっこう高く、別途ドリンクをつけて、さらに消費税・サービス料がついて、300バーツ近くということもしばしば。

そんななか、ソイ24の「知多ラーメン」は、消費税とサービス料がつかない、今どきありがたいお店です。

さらに、平日のランチタイムはラーメンを注文した人は、プラス115バーツで大盛りのチャーハンを付けたり、とお得なセットメニューがあります。 最終的には、合計で300バーツ前後かかってしまいますが、けっこうなボリュームなので、たくさん食べたいという人にはお得です。

らーめん専門店というよりは、昔ながらの、メニュー豊富な中華屋さんというイメージのある、「らーめん一番」は、同じくソイ24にあります。

お昼は、日本人、タイ人のビジネスマンでにぎわっており、ラーメン1杯110バーツと、この周辺では断トツの安さ。消費税、サービス料もつきません。

レバニラ炒め80バーツなどもあり、スープ付きのご飯50バーツを足してもたった130バーツ!

ソイ33╱1の「担担麺」や「トマトヌードル」も、けっこうお得なお店で、タイ人に人気があるようです。

今回調べてみた結果、プロンポン駅周辺のお得ランチといえば200バーツ前後が平均のようです。長年経営しているお店が、がんばってお得に提供しているようで、気になる人はぜひ足を運んでみて下さい。

 

2015年5月20日 タイ自由ランド掲載

-> さんやのページ

-> キッチン新潟のページ

-> ゴールドカレーのFacebook

-> ゴールドカレーのページ

-> 知多ラーメンのページ

-> らーめん一番のページ

-> 担担麺のページ

 

キッチン新潟のハンバーグ

キッチン新潟のハンバーグ

BTSプロンポン駅周辺でランチ!といえばここ「キッチン新潟」。長年、営業しているおふくろの味の店。

昼間はいっぱいだろうと、午後1時過ぎに入店しました。入ると中の人が見渡せるので、知り合いなどに会うのがイヤですね。

1時過ぎでも結構混んでいて、入り口近くの席に座り、メニューを開けると、どれも200バーツでした。以前は100バーツ台のランチもあったと思いますが、ここも値上げでしょうか。
おふくろの味だけど、サンマやサバも捨てがたいと思いましたが、やっぱり王道のハンバーグを選びました。

オーダーのあと、見渡していると、キリン大ビン130バーツとあり、昼間からたのみました。「仕事中に昼間からビールを飲んでいる」と顔見知りがネットで書くのを恐れながら、ビールをいただきました。キリンの味が日本でどうだったのか、あまり覚えていませんが、タイでつくっているのでしょうか、まあ、普通ですね。アサヒと比べるとアサヒの方が少し軽い感じですかね。

おかあさんの手作りハンバーグを堪能して、会計はVATもサービス料もつかなかったですね。 (M)

2014年8月20日 タイ自由ランド掲載

 

名称未設定-2

大型の日本料理店として、個室から小上がり、テーブル席、カウンターなど、200席以上ある「庵寺」は、大トロ、中トロなど、日本から直送の魚介がとてもリーズナブルにいただけると、日本人はもとより、タイ人にも口コミで広がり、口の肥えたタイ人客が多い。

夜だけでなく、昼間のランチセットも豪華で満足感が高いので、ぜひ試してみてほしい。

例えば、刺身セットは新鮮な刺身のほか、そばや焼き物がつく豪華版で、ちょっとしたコース料理のようなセットで、それでいて480バーツというお得な値段。

また、ハンバーグセット(280バーツ)は、デミグラスの煮込みハンバーグにチーズがトロリとからんでいて、洋食屋さんハンバーグシチューの感じ。それに揚げ出し豆腐や小鉢が付いており、こちらも満足度は高い。

そのほか、牛のすき焼きセット(320バーツ)や庵寺セット(270バーツ)など。また、お好み焼きセット(280バーツ)も食べ応えがありそうだ

エカマイ・ソイ6のBIG Cの上階にあり、駐車もしやすい。

下の広告も参照で。

2014年5月20日 タイ自由ランド掲載

名称未設定-1

写真をクリックすると拡大してご覧いただけます。

名称未設定-1

スクムビットのソイ39のど真ん中、まさに都会のオアシスの雰囲気がある「オレンジハウス」。

日本の漫画がぎっしりあり、テラス席もあり、土、日曜は単身の日本人駐在員らで満員の大盛況。この手の定食屋さんが界隈にあまりないこともあり、とても重宝されている。店内の席のほか、テラス席もあり、店前に十分に駐車できるので、車でさっと来れるのも、単身者に人気の理由だ。

日本の定食は各種あり、デリバリーで有名だが、またデリバリーとは違い、出来立てのボリュームある定食をいただけるので、わざわざ足を運ぶ人も多いのだろう。自慢のハンバーグも、ジャンボハンバーグから、チーズハンバーグ、和風ハンバーグなど各種あり、カレーライスのトッピングも多数。週末はまさしく、1人住まいの男性駐在員のオアシスになっている。

もちろん、デリバリーの宅配弁当は、日本人の間では有名。タイ自由ランドのウェブのトップページから日本料理のデリバリーをクリックすると、オレンジハウスの宅配の全メニューが見られます。場所等については下記の広告を参照で。

2013年10月5日 タイ自由ランド掲載

名称未設定 1